Press Releases | Archives


October 16, 1998

(株)東芝は、1回転あたり0.75秒でスキャンできるヘリカルスキャン方式(*1)の全身用X線CT装置の高級機種として操作性を向上させた「Asteion(アステオン)/VR」他1機種を商品化し、10月より販売を開始します。販売は東芝メディカル株式会社が行います。


October 15, 1998

(株)東芝は、持ち運びができ小規模な病院や診療所、往診などでの検査に適している小型・軽量の超音波診断装置「MiniVision(ミニビジョン) HT」と台車一体型の「MiniVision(ミニビジョン) MT」を商品化し、10月17日からDyRo-usシリーズとしてそれぞれ発売します。


October 6, 1998

(株)東芝は、1978年に日本初の全身用CT装置を発売して以来、業界のリーディングカンパニーとして、先端技術の開発と高品質な製品の提供により世界市場での確固たる地位を築いてきましたが、9月29日に生産累計が1万台に達しました。


September 29, 1998

(株)東芝は、従来比(*1)1.5倍のスピードに相当する1回転あたり0.5秒でスキャンできるヘリカルスキャン方式(*2)の全身用X線CT装置の最上位機種として「Aquilion(アクィリオン)」を商品化し、10月1日より販売を開始します。


July 17, 1998

東芝は、拡張性と信頼性に優れたPCサーバなどオープン系システムを採用することで、医療機関の機能分化や包括算定化(*1)などの複雑化する医療制度の変化に柔軟に対応し、正確かつ迅速に医事業務を処理することができる医事会計システムとして「HAPPY CS-II医事会計システム」を商品化し、10月末から出荷を開始します。


May 29, 1998

当社は、平成10年5月27日(水)に開催された取締役会において、平成9年度(平成9年4月1日~平成10年3月31日)の決算および役員人事等を次のとおり内定しました。


May 15, 1998

当社は、世界で初めてCT本体(架台)側を連続スライドさせる方式を採用することで、手術室内で術中にヘリカル (*1)CTを撮影することができるX線CT装置「架台自走式ヘリカルCTスキャナ」を製品化し、4月から受注活動を開始しました。


May 11, 1998

東芝は、「ヘリカルスキャンX線CT装置の開発」の社会的貢献が認められ、4月28日、市村産業賞功績賞を受賞しました。


March 31, 1998

当社は、平成10年4月1日付をもって次の通り組織改正・人事異動を実施します。


March 13, 1998

当社は、1回の超音波送信で4方向からの反射エコーを同時に受信できる当社独自の「4方向同時受信方式」を採用することで、256チャネル相当で反射エコーを受信し、従来比(*1)4倍の処理速度で高精細な画像表示が可能な全身用カラー超音波診断装置 「PowerVision(パワービジョン)6000」(形式名 SSA-370A)を商品化し、営業活動を開始しました。


February 10, 1998

株式会社東芝と東芝メディカル株式会社は、操作性に優れ、多目的な検査ができるデジタルラジオグラフィ(DR)(*)付X線テレビ寝台システム「DI stationシリーズ」を開発し、2月9日(月)から営業活動を開始しました。