可能性を拡げる、先進のLarge Bore CT

先進のテクノロジーで生み出されたのは大開口径マルチスライスCT、Aquilion Exceed LB。

がん治療における放射線治療計画のための精密な検査、救急救命の現場で必要とされるスピードと正確な診断情報など、CTの役割は以前にもまして重要になってきました。
キヤノンメディカルシステムズは、それぞれの臨床の現場における可能性を拡げるために、高精度で確信性の高い画像データ生成テクノロジーや、正確でスピード感を求めた検査ワークフローの効率化、各種機能を大開口径マルチスライスCT で実現させることを追求しました。

患者さんにとって、治療の可能性を拡げる新たなソリューションがここにスタートします。

病院経営の可能性も拡げる、臨床のケイパビリティ

Broaden your business horizon

CTスキャンは、以前にもましてケイパビリティが求められています。検査の安全性や速さだけでなく、心臓検査や心臓検査やインターベンション・手術後の検査などマルチユースに活躍。確信性の高いデータ構築をもとに新たな可能性・的確な治療を提供し、安定した病院経営に貢献することができます。

1秒を求めた速さと正確性の、洗練されたワークフロー

Experience workflow intelligence

1分1秒をあらそい、スピードを優先する救急の現場。リードや器具の装着時でも安全に撮影可能な大開口径や、操作室側からの寝台調整機能により、患者さんに負担をかけずに高速に撮影を行うことができます。高速ヘリカルスキャン・高速画像再構成により治療の可能性を拡げます。

1ミリ単位で極めた高精度、先進のテクノロジー

See the bigger picture

ミリ単位の空間座標精度や数パーセント以下の線量管理が求められる治療計画。治療時と同体位で固定器具と共に撮影することが可能となり、スキャン時の誤差やブレを抑制する機能を搭載。革新的な画像再構成技術で、緻密な検査データを提供することができます。