「高精細」の新たな基準。

Ultra-High Resolution CT

より「広く」より「速く」、X線CT装置は登場以来、進化をとげてきました。
「広く」:2007年、16cm幅が撮影できる320列エリアディテクターを備えたAquilion ONEによって心臓や脳全体が1回転で撮影可能に。
「速く」:最速0.275秒/回転の高速撮影で、より短時間での検査を実現。

その一方で約30年間、大きく進化できなかったのが、より「細かく」の領域です。
Aquilion Precisionは、この高精細化にフォーカスした、まったく新しい進化軸のCT装置。
空間分解能を従来の約2倍に向上させ、臨床研究の最前線に、次元の異なる臨床画像を提供します。

Watch Overview Video

空間分解能0.15mm
あなたなら、この能力をどう評価しますか?

CTの常識をはるかに超えた、空間分解能0.15mm。その能力は、従来CTの方法では正しく評価できません。

Aquilion Precisionは評価法そのものを刷新しながら、画像診断の可能性を広げていく、まったく新たな研究領域を提供します。


高精細CTのために開発された、4つの革新的コア・コンピタンス

空間分解能を従来の約2倍に向上させ、臨床研究の最前線に、次元の異なる臨床画像を提供します。

Ultra High Resolution Detector System

最小0.25mmスライス厚検出器

従来の1/2となる0.25mmのスライス厚。
従来の2倍のチャネル数、1792ch。
常識をはるかに超えた新検出器が、超高精細画像の取得を可能とする異次元の分解能を実現します。

検出器の詳細はこちら

Ultra High Resolution X-ray Tube

光を自在に操るX線管球

高精細画像を実現するもう一つのコア技術が、X線管。
Aquilion Precisionには、微細化された検出器のポテンシャルをフルに引き出す、まったく新しい設計のX線光源が搭載されています。

X線管球の詳細はこちら

Ultra High Resolution Couch System

高精細を足元から支える高剛性寝台

従来CTで問題にならなかった、被験者の体重で生じる寝台天板のごくわずかな歪みや寝台移動時の振動すら、超高画質CTでは画質劣化の要因となります。
Aquilion Precisionでは、空間分解能0.15mm実現へ向け、寝台やガントリを一新し、被写体のブレ抑制を追究しました。

高剛性寝台の詳細はこちら

Ultra High Resolution Data Management

約8倍*1の高精細画像をデータ処理

Aquilion Precisionは、装置が持つ分解能を最大限生かすべく、再構成マトリックスは1024×1024、さらには2048×2048に対応。
従来の約8倍の情報量を得ることができます。
また、発生する膨大なデータを高速で処理するため、データ処理ユニットを一新することで快適なデータハンドリングに成功しました。

再構成ユニットの詳細はこちら

*1: 従来装置比


高精細を引き出す、革新的な画像再構成法

Aquilion Precisionの進化はメカニカルな部分にとどまりません。
遂次近似再構成(Model Based Iterative Reconstruction)と共に、今回、深層学習(Deep Learning)を世界に先がけてCTに実装。
空間分解能の向上と高いノイズ除去を実現し、新しい画像再構成のあり方を提案します。

FIRST

モデルベース遂次近似画像再構成法技術

従来のX線CTの画像再構成であるFBP(Filterd BackProjection)に比べ、圧倒的なノイズ低減、さらなる低線量撮影を実現します。より正確な画像再構成が可能となることで、空間分解能の向上、アーチファクトを抑制した画像診断を提供。スキャン連動での使用やユーザーのニーズに合わせた強度選択も可能です。

FIRST : Forward projected model-based Iterative Reconstruction SoluTion

Advanced intelligent Clear-IQ Engine (AiCE)

ディープラーニング技術を応用した新画像再構成法

FIRSTの高品質データを教師画像とし、CT装置がノイズ成分とシグナル成分の識別方法を「学習」。構築された強固なニューラルネットワークを基に画像再構成を行います。低線量撮影下でも空間分解能の向上や、大幅なノイズ低減効果が短時間で得られる、画期的な画像処理手法です。

AiCEの詳細はこちら