治療ソリューション

標準機能からオプション機能まで幅広い照射技術をサポートし、患者様に適した治療を行っていただける機能を提供しています。

体表面光学式トラッキングシステム

CatalystTMは可視光を利用したシステムで、被ばくなしで体表面による位置合わせとリアルタイムモニタリングを可能にします。従来のシステムと異なり、Non-Rigidアルゴリズムを使用することで、患者様の局所的なずれを認識し、姿勢を補正することができます。さらに、ずれている位置には患者様に直接カラーマップが投影され、迅速かつ正確なセットアップを実現します。セットアップ完了後から治療終了までモニタリングを行い、もし治療中に患者様が動いた場合には自動でビームオフし、より安全な治療を提供します。ゲーティングでは、外部デバイスやマーカーなしで呼吸情報を取得し呼吸同期照射や息止め照射を簡便に行えます。

超音波イメージガイドシステム

ClarityTMは超音波画像を用いることで放射線による被ばくなく軟部組織を視覚化し、正確な位置合わせを可能にします。さらに、前立腺専用のオートスキャンプローブを用いることで、位置合わせだけではなく治療中のリアルタイムモニタリングが行えます。超音波画像は治療計画時のコンツーリングにも利用でき、シミュレーションから治療計画、治療までサポートします。

包括的なQAデータ管理システム

AQUATMは、リニアックだけではなく治療計画CTなど放射線治療部門全体のQAデータを管理することができます。米国医学物理学会タスクグループ142のプロトコルに標準対応し、導入後すぐにガイドラインに則った管理を行えます。MLCテストやLutzテストなどを自動化することで、QAに要する時間を短縮します。測定機器との接続により各種データを一元管理することで、データ参照の手間を削減し、トレンドやイベント表示によりエラーの早期発見に繋がります。

迅速な治療開始をサポート

AGLは治療計画装置MonacoTMに登録されている基準ビームモデル合わせてリニアックを調整することで、ビームデータ測定・モデリングが不要になり、治療開始までの日数の大幅な短縮が可能となります。ビームモデルとリニアックのデータ比較レポートの提供や、臨床に向けたコミッショニング作業の時間を確保することができ、より安全な臨床開始が可能となります。また、複数台のリニアックを1つのビームモデルを使用することで、装置間の振替治療を行うことができます。

診断CTを用いた高精度な位置合わせ

自走式のラージボアCT(Aquilion LB)をリニアックと同室設置し、診断用CTによる圧倒的な高画質画像による高精度な画像誘導放射線治療が可能です。

定位放射線治療の幅を拡大

定位放射線治療用コリメータ:外装着式2.5mmマルチリーフコリメータ。
定位放射線治療用コーン:5mm~40mmまで選択可能な定位放射線治療用コーン。

呼吸同期インターフェイス

Elekta Response™は呼吸同期照射を行うためのリニアック側のインターフェイスで、呼吸モニタリングシステムからのゲート信号に連動し、治療ビームの自動制御が可能です。外部呼吸モニタリングシステムを使用した息止め照射や自由呼吸下での同期照射を行うことができ、放射線治療適応の幅を広げます。意図しない動きが生じた場合にも自動でビームを停止させることで安全に治療を行うことが可能となります。

安全な治療計画をサポート

ガントリ干渉チェックツールはPC画面上の3次元バーチャル表示により、リニアックと患者様との干渉の有無を治療計画時に確認できます。干渉の発生を未然に回避することで、治療時の安全確保、治療計画の効率アップに貢献します。