最高級の80列、新生。


患者さんやそのご家族のQOL向上への関心の高まりとともに、CTの果たす役割や、検査領域もますます広がりつつあります。また一方で、人口構成の変化にともない、医療ニーズや診療科目の多様化・専門化も急速に進んでいます。医療制度の仕組みの中で、健全な病院経営を維持し、優れた医療サービスを提供しつづけ ることは、地域医療を最前線で支える中核病院、急性期病院、救急指定病院、大学病院にとって、難しい課題になりつつあります。
Aquilion™ Prime SPは、こうした社会的ニーズを満たすべく誕生した、最新鋭のヘリカルCTです。さらなる低被ばく撮影、かつ、少ない造影剤での高画質な検査を可能にするとともに、最先端の臨床アプリケーションの搭載や、スループットの向上なども実現。10年先を見据えた質の高い病院経営に、十分に貢献します。

Complete Image

いまや診断・治療は、画像診断なくして成り立たない時代になっています。できるだけ早期に病変が発見でき、より多くのことが分かる画像を提供するために、どうすればよいか? 被ばくや造影剤の少ない、安心できる検査を実現するにはどうすればよいのか? Aquilion Prime SPは、画像診断の理想像をめざして、フラグシップマシンAquilion ONETMのために開発された技術を惜しみなく投入しています。 最先端の技術を導入し、確かな画像診断を支えます。

  • 新開発のX線光学系技術PUREViSION™ Optics 
  • 被ばく低減技術AIDR 3D Enhanced 
  • 金属アーチファクト低減処理 SEMAR™

Complete Workflow

外来検査、救急CT、時間の確保が必要な特殊検査…。多岐にわたる検査が行われる臨床現場では、ワークフローの改善は最優先事項のひとつといえます。 Aquilion Prime SPでは、検査全体の流れを改善するため、ポジショニングから画像再構成まで、検査におけるすべてのプロセスを見直しました。検査全体の流れの大幅な効率化を可能にします。

  • 78cm大開口径ガントリ
  • 新機能SUREPosition
  • 高精細高速撮影&画像再構成

Complete Application

がん、心疾患、脳血管疾患、救急外傷など、CTの役割は広がりつづけています。 形態診断にとどまらず、機能的評価による予後予測もますます重要になっています。 Aquilion Prime SPは、多様化する医療ニーズに応えるべく最新のアプリケーションを搭載。疾患評価や治療効果判定など、術前から術中、術後まで、トータルなクリニカルソリューションを提供し、検査・診断への可能性を拓きます。

  • 非剛体位置合わせサブトラクション
  • 3Phaseバリアブルピッチヘリカルスキャン
  • 多彩なDual Energyアプリケーション
※構成により異なります