次代を先取る、高画質と高速化。

さらに高画質で、さらに速く確かな検査をより多くの医療機関に届けるために。
キヤノンのDLR技術 Advanced intelligent Clear-IQ Engine(AiCE) を搭載した、MRI検査に変革をもたらす DLR-MRI ”Vantage Gracian”が誕生。
大学病院からクリニックまで幅広いニーズに応えるため、”シンプルさ”を追求し導入しやすい DLR-MRIとして“洗練”。
次代を先取りする「高画質」と「高速化」が、新たな可能性を広げます。

MRIの進化は“DLR-MRI”という新領域へ

MRI装置はこれまで、検査を高速化する技術の発展とともに進化してきました。AI時代が到来した現代において、さらなる高速化を実現し、MRI検査の生産性を新領域へと引き上げる新技術として注目されるのが、「Deep Learning Reconstruction(DLR)」。キヤノンが世界に先駆けて創出したDLR技術『AiCE』を搭載し、これまでにない高画質と速さをもたらす『DLR-MRI』が、MRIの新時代を切り拓きます。

ディープラーニングを用いたSNR 向上技術 AiCE 搭載

A I によって進化する高画質とスピード

SNRの飛躍的な向上で1.5Tのポテンシャルを拡大

ディープラーニングを用いたSNR向上技術『AiCE』によって、高画質の鍵となるSNRを最大3.2倍向上。1.5Tながら”3Tを超える“高いSNRが得られる性能*を発揮し、日常検査において3Tのような高分解能の画像診断を可能にします。

*ファントム試験
1.5Tと比較した3TのSNRが理論上2倍。AiCEのSNR向上効果が最大3.2倍のため、1.5Tながら3Tを超えるSNRを実現。
従来と同時間で ”3Tのような”高分解能画像を実現

かつてない高速撮像で速さと確かさを両立

圧縮センシング技術をはじめ従来の高速撮像技術に『AiCE』を融合することで、従来は撮像に3分程度の時間をかけていたルーチン画像が"40秒以下"の短時間で撮像可能になるなど、高画質はそのままにかつてない高速化を実現。日々の検査効率が飛躍的に向上し、検査数増加による収益向上や残業抑制による働き方改革推進など、経営に直結するベネフィットを提供します。
検査時間の短縮により一日の検査枠が大幅に増加。検査収益の向上が期待できます。