キヤノンメディカルシステムズのCSR

CSR推進体制

当社は“私たちの事業そのものがCSR”として捉え、事業を通じて各種の活動を展開しています。
従業員一人ひとりが「キヤノンメディカルシステムズグループ行動基準」を実践することにより、世界各地でCSR経営を推進しています。

CSR活動基本方針

  1. “命の尊さ”を基本に社会の一員として、社会に対して積極的に貢献していくことで社会からの信頼を獲得し、持続的成長を目指します。
  2. 生命・安全、法令遵守を最優先に、誠実で透明な経営を実践するとともに、地球環境に配慮した企業を目指します。
  3. 信頼される企業を目指し、お客様や従業員、株主、地域社会等、さまざまなステークホルダーの皆様とコミュニケーションを図ります。
キヤノンメディカルの品質方針

キヤノンメディカルの品質方針

キヤノンメディカルの環境方針

キヤノンメディカルの調達方針

価値創造プロセス

現代社会における要請や期待といえる、“サステナビリティ要素”を融合させた、製品・サービス、ソリューションの提供を目指しています。事業活動を通じた、社会の変化に即した課題解決・価値の提供こそが、企業と社会の持続的な相乗発展に結びつくと考えています。キヤノンメディカルシステムズグループは、こうした時代が求める、新しい価値を創造するCSR活動を展開していきます。


キヤノンメディカルの目指す姿

Made for Life

患者さんのために、
あなたのために、
そして、ともに歩むために。

経営理念の実現

ステークホルダーと共に

ステークホルダーとのコミュニケーション

キヤノンメディカルシステムズグループは、「Made for Life」をスローガンに掲げ、医療の進化に貢献することを事業の目的にしています。
私たちの事業活動は、多くのステークホルダーの皆様との関わりの中で成り立っています。ステークホルダーの皆様からのご意見やご要望を企業活動に積極的に取り入れ、社会の持続的発展と企業価値の向上につなげていくために、ステークホルダーごとにさまざまな方法でコミュニケーションを図っています。

主なステークホルダーコミュニケーション手段
患者ウェブサイトでの製品情報の開示・お問合せ受付、VOC
研究機関共同研究、学会、事業所見学の受け入れ
医療機関展示会、ユーザー向け勉強会、
ウェブサイトでの製品情報の開示・お問合せ受付、事業所見学の受け入れ
近隣住民・企業回答書、イベント等の開催案内、協定、事業所見学の受け入れ
取引先教育、会議、事業所見学の受け入れ
社会・行政・関連団体表彰、記録の提出、事業所における立入検査、事業所見学の受け入れ
第三者認証機関監査
従業員とその家族労使協議会、従業員向けe-TOPICS(社内イントラネット)、広報誌

VOC:Voice of Customerの略。お客様の声を収集すること