キヤノンメディカルの目指す姿

現代社会における要請や期待といえる、“サステナビリティ要素”を融合させた、製品・サービス、ソリューションの提供を目指しています。事業活動を通じた、社会の変化に即した課題解決・価値の提供こそが、企業と社会の持続的な相乗発展に結びつくと考えています。キヤノンメディカルシステムズグループは、こうした時代が求める、新しい価値を創造するCSR活動を展開していきます。


患者さんのために、
あなたのために、
そして、ともに歩むために。

経営理念の実現


CANON MEDICAL_CSR2020_000madeforlife-v2.png

マテリアリティ(重要課題)の特定

キヤノンメディカルシステムズでは、重要かつ優先的に取り組むべき5つのマテリアリティを以下のようなプロセスで特定しました。
これらのマテリアリティは、環境変化や事業活動の進展によって見直しを実施していきます。