Vantage Orianは、高度な臨床性能と高い採算性を両立し病院経営に大きく貢献するOpen Bore 1.5テスラMRI装置です。
3テスラ装置で培った高画質化技術を搭載し、ハイエンド1.5テスラMRI装置に求められる高度な臨床ニーズに高次元で対応します。

高画質の実現

3T高画質化テクノロジーの継承

PURERF Rx

電子ノイズの低減
PURERF Rx では、ガントリ内で発生する電子ノイズの受信を抑え、 SNRを38%向上させます。

Saturn Technology

従来の構造に比べ、Saturn Technology の高圧成形部により信号のブレが少なくなるため、鮮明な画像が得られます。また断熱コーティングにより高負荷での温度上昇が抑えられるので、中心周波数を一定に保ち高画質を可能にします。

画像のSNR向上

High pressure moldingでは、出力増加に伴い増大するローレンツ力を抑制。コイル振動、電気的干渉を抑制し、マルチエコー等の画質劣化の原因となる位相誤差蓄積が抑制され、画質が向上します。

画像の鮮鋭度向上

独自の断熱構造により、コイルから鉄シムへ伝わる熱を軽減し、中心周波数ずれの原因である鉄シムの温度上昇を抑え、高画質を可能にします。

検査時間の短縮

撮像時間の短縮化

k-t SPEEDER

高速化倍率8倍で収集が可能なk-t SPEEDERでは、高フレームレートの心臓シネと灌流イメージングを自由呼吸下で実施できます。心臓病患者の負担を減らしつつ広範囲を撮像することが可能です。

Watch k-t SPEEDER Video

ワークフローの効率化

Dockable Table

撮影室の外で撮影準備を事前に実施できるため、患者の取り扱いがスムーズで、ワークフローが向上します。医療スタッフはあらゆる状況に迅速かつ容易に対応できます。

Intelligent Monitor

架台インタフェースの設計を完全に一新し、ワークフローの向上とセットアップ時間の短縮を図りました。重要な患者関連情報やコイル情報がモニタに表示されるため、セットアップが正しく完全に行われていることを患者のそばにいながら確認できます。

位置決め支援によるプラン時間の短縮化

頭部、心臓、脊椎、膝関節の形状を解析。診断に必要な断面の位置決めアシストする機能を拡充させ 検査効率と再現性を両立させます。

確実な検査(ForeSee View、Quick Star)

ForeSee View

ForeSee Viewは、計画断面をリアルタイムでプレビューできるよう設計された、撮像計画用の新たなツールです。膵臓、心臓、特定の関節など、プランニングの難しい生体構造では特に有用です。この優れた新機能により撮り直しの必要性が減り、撮像計画にかかる時間をすべての部位で短縮できます。

Watch ForeSee View heart Video

Watch ForeSee View foot Video

Watch ForeSee View knee Video

Quick Star

高分解能3D撮像において、アーチファクトの発生を抑制します。
動きを止めることの難しい状況下でも、高い精度の検査を行えます。

導入しやすいMRI

ECO Mode Plus

スキャン時以外の消費電力を最大で 21% 自動的に低減する新技術により、Vantage Orian は不要なランニングコストを最低限に抑えられるシステムを提供します。  

ECO Cooling システム

冷却用コンプレッサのインテリジェントな運用により、システム非動作時の電力をさらに自動で低減します。