臨床化学自動分析装置

いつでも追加&割り込みが可能なラックサンプラ

装置前面のラックサンプラは測定中でも追加検体や割り込み検体の架設が可能です。サンプリング終了したかどうかが一目で分かりますので、検体の取り外しも安全に行えます。

R1、R2 それぞれ最大73ボトル架設可能な試薬庫

試薬ボトル架設数が多いので、ボトル渡り運用に有用です。また、各種汎用ボトルに対応しており、混在架設が可能です。

検体間キャリーオーバの低減

サンプリングプローブの洗浄能力強化により、検体間キャリーオーバを0.1ppm以下に抑えています。

上位機種の豊富な機能と高精度ユニットを継承

豊富な機能と洗練された高精度ユニットにより、信頼性の高い検査を実現します。