80列という、最適解。


いま多くの医療機関が、急速に進む人口構成の変化、地域で求められる役割の変化に直面しています。その一方、CT装置が担う検査領域は、一刻を争うエマージェンシーケアからルーチンの検査、プライマリケアまで拡がりをみせています。ますます多様になる医療現場の要請に、1台で確実に応えられるCT装置は、どうあるべきか…。この問いへの解答が、Aquilion Lightning Helios Editionです。80列160スライスの高分解能を低被ばくで実現する一方、軽快なワークフロー、医療機関ごとに異なるニーズに対応できるフレキシビリティを備え、あらゆる医療現場の診療の明日に貢献します。

80列のイメージクオリティー

CT装置の理想である高精細画像・低被ばくをめざして、この理想の実現のために、常に新たな技術開発を続けてきました。Aquilion Lightning Helios Editionは、これまで最上位機種に採用していた新世代X線光学系プラットフォーム「PUREViSION™ Optics」をはじめ、被ばく低減効果をさらに高めた「AIDR 3D Enhanced」、難題であった金属アーチファクトを劇的に低減できる「SEMAR™」をはじめとする数々の技術を惜しみなく投入。さらなる低浸潤・高画質を実現します。

  • 新開発のX線光学系技術PUREViSION™ Optics
  • 被ばく低減技術AIDR 3D Enhanced
  • 金属アーチファクト低減処理 SEMAR™

先進のワークフロー

患者さん、医師や技師など医療スタッフ、すべての方に優しい検査を。それがAquilion Lightning Helios Editionが目指したワークフローです。上位機種と同じ、圧迫感の少ない780mm大開口径が可能にしたスムーズなポジショニング。0.5mm×80列の高速ヘリカルスキャンによる息止め時間の短縮。スキャン同時並行画像再構成による、検査後のストレスのない画像確認。「少しでも短時間に」「少しでも快適に」「少しでも多くの検査を」というCT検査の理想をさらに一歩進め、患者さん目線のさらにやさしい検査を実現します。

  • 患者さん目線の洗練されたデザイン
  • 0.5mm高画質&高速ヘリカルスキャン
  • 進化した高速再構成ワークフロー

オーダーメイドできる機能

医療機関それぞれに役割分担が求められるいま、CTはどんな貢献ができるだろう?Aquilion Lightning Helios Editionは、異なるニーズにお応えしジャストフィットした機能を提供できるよう、さまざまなオプション機能を搭載し、一つひとつの医療機関に最適の組み合わせをご提案します。0.5秒/ 回転スキャン、50画像/ 秒高速再構成*の機能により、さらなる検査時間の短縮、救急検査のワークフローを改善するバリアブルピッチヘリカルスキャンや、寝台左右動。大腸CT、デュアルエネルギー、サブトラクションなどの高度な最新臨床アプリケーションが、医療機関の求める要望に的確にお応えします。

  • 必要な機能を追加できる設計
  • 多彩なアプリケーションソフトウェア
  • 最小設置面積9.8m2※
オプション