Hybrid O.R. System

カテーテル寝台を手術台に置き換えたAngioシステム

カテーテル血管内治療と外科的治療を併用した“Hybrid アプローチ”を手術室で可能とするため、カテーテル寝台をO.R.専用手術台に置き換えた新しいAngioシステム

Alphenix Hybrid+

天井走行式ダブルスライドCアーム+
GETINGE 社 MAGNUS1180/TRUMPF社
TruSystem7500組み合わせ 

12×16インチFPD

  • 手術室の効率的な運用を実現する天井走行式Cアームの長手移動ストロークにより、透視を併用する術式ではCアームを手術台近傍にセットでき、透視を用いない術式ではCアームを手術台から離すことができます。術式に応じた手術室レイアウトを実現します。
  • 天井走行式Cアームは、長手移動だけでなく、横手移動も可能。さらにCアームの挿入も、患者様の左右からだけでなく、頭側からも行えます。
  • ダブルスライドCアームにより、超短時間撮影が可能です。呼吸による動体ボケや造影剤量を最小限に抑え、撮影ができます。
  • 様々な画像から3D画像を再構成することが出来るオプションに対応可能です。

Alphenix Hybrid

天井走行式Cアーム+GETINGE 社 MAGNUS1180/TRUMPF社 TruSystem7500組み合わせ

12×12インチFPD

12×16インチFPD

  • 手術室の効率的な運用を実現する天井走行式Cアームの長手移動ストロークにより、透視を併用する術式ではCアームを手術台近傍にセットでき、透視を用いない術式ではCアームを手術台から離すことができます。術式に応じた手術室レイアウトを実現します。
  • 天井走行式Cアームは、長手移動だけでなく、横手移動も可能。さらにCアームの挿入も、患者様の左右からだけでなく、頭側からも行えます。
  • 様々な画像から3D画像を再構成することが出来るオプションに対応可能です。

Hybrid Cath Table System

起倒(チルト)機構付カテーテル寝台を構成したAngioシステム

チルト機構を搭載することで、これまでのカテーテル治療術式だけでなく、穿刺を伴う検査や治療、外科的手技を伴う術式にも対応したAngioシステム

Alphenix Sky+

天井走行式ダブルスライドCアーム+チルト機能付カテーテルテーブル 組合せ

12×16インチFPD


  • 天板のチルトは、長手方向、横手方向ともに可能で、術式に応じた角度が実現できます。
  • 天板チルト機構を備えても、これまでのカテーテルテーブルの機能はそのまま維持。手動での天板移動や耐荷重、長手・横手移動、天板上下動は、従来のカテーテルテーブル同等もしくは、それ以上の性能を発揮します。
  • 天井走行式Cアームは、長手移動だけでなく、横手移動も可能。さらにCアームの挿入方向も、患者様の左右からだけでなく、頭側からも行えます。また、Cアームの高速回転を実現し、素早いポジショニングが行なえます。
  • ダブルスライドCアームにより、超短時間撮影が可能です。呼吸による動体ボケや造影剤量を最小限に抑え、撮影ができます。
  • 様々な画像から3D画像を再構成することが出来るオプションに対応可能です。

Alphenix Biplane

マルチアクセス型床置き式Cアーム+天井走行式Cアーム+チルト機能付カテーテルテーブル 組合せ

  • 天板のチルトは、長手方向、横手方向ともに可能で、術式に応じた角度が実現できます。
  • 天板チルト機構を備えても、これまでのカテーテルテーブルの機能はそのまま維持。手動での天板移動や耐荷重、長手・横手移動、天板上下動は、従来のカテーテルテーブル同等もしくは、それ以上の性能を発揮します。
  • マルチアクセス型Cアームは、Cアーム単独で長手・横手方向へ移動できます。また、 Cアームを患者様の左右または頭側から挿入可能です。
  • バイプレーン設定時でもCアームの床回転により、頭部付近にフリースペースを生み出すことができ、Hybrid治療に大きく貢献します。
  • 様々な画像から3D画像を再構成することが出来るオプションに対応可能です。

Alphenix Sky

天井走行式Cアーム+チルト機能付カテーテルテーブル 組合せ

  • 天板のチルトは、長手方向、横手方向ともに可能で、術式に応じた角度が実現できます。
  • 天板チルト機構を備えても、これまでのカテーテルテーブルの機能はそのまま維持。手動での天板移動や耐荷重、長手・横手移動、天板上下動は、従来のカテーテルテーブル同等もしくは、それ以上の性能を発揮します。
  • 天井走行式Cアームは、長手移動だけでなく、横手移動も可能。さらにCアームの挿入方向も、患者様の左右からだけでなく、頭側からも行えます。
  • 様々な画像から3D画像を再構成することが出来るオプションに対応可能です。