Press Releases | Recent Articles


May 17, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は公益社団法人発明協会が主催する平成30年度全国発明表彰において、「2つの基本波の差周波と第2高調波を利用する超音波診断装置の発明(特許第4557573号)」で「文部科学大臣賞」および「発明実施功績賞」を受賞しました。


April 13, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、次世代X線アンギオグラフィーシステム 「Alphenix™ Core+」、「Alphenix Biplane」(「アルフェニックス コアプラス」、「アルフェニックス バイプレーン」) および、アンギオ検査支援ワークステーションの国内販売を本日より開始します


April 11, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社 (本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫) は、プレミアム1.5テスラMRI装置「Vantage Orian」(ヴァンテージ オライアン)の国内販売を本日より開始します。


April 11, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)は、米国NVIDIA Corporation(本社:カリフォルニア州サンタクララ CEO:Jensen Huang 以下、NVIDIA)の日本法人(所在地:東京都港区赤坂)との間で、日本における大学病院などの医療研究機関向けディープラーニング研究インフラの開発・販売に関する業務提携を行うことについて合意しました。


April 10, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、AIを用いて設計したCT再構成技術「AiCE (Advanced Intelligent Clear-IQ Engine) 」(エース)を高精細CT Aquilion Precisionに搭載し、世界に先駆け日本で先行販売を開始します。


April 9, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、超音波診断装置の新たなハイエンドシリーズAplio a-series(アプリオ エーシリーズ)2機種「Aplio a550」、「Aplio a450」を、4月13日(金)よりパシフィコ横浜にて開催される国際医用画像総合展(ITEM2018)に出展するとともに、同日より販売を開始します。


April 9, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、大容量バッテリーで最大8時間駆動が可能な超音波診断装置の新しいシリーズ Xario g-series(エクサリオ ジーシリーズ)「Xario 200G」「Xario 100G」の販売を4月13日(金)よりパシフィコ横浜にて開催される国際医用画像総合展(ITEM)に出展すると共に、同日より販売を開始します。


April 3, 2018

キヤノンメディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、トモシンセシス対応マンモグラフィ「Pe・ru・ru™ LaPlus(ペルル ラプラス)」の販売を本日より開始します。


March 29, 2018

当社は次のとおり主要人事異動を実施します。


March 20, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)はAI技術の一つであるディープラーニングのMRI撮像への適応、Deep Learning Reconstruction(以下、DLR)に関して、本年3月より、熊本大学、および仏国 ボルドー大学との共同研究をスタートします。


March 15, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、オートポジショニング機構付き一般撮影システムRADREX™ DRite(ラドレックス ディライト)の国内販売を2018年2月中旬より開始しました。


March 7, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、医療情報システムや生体情報収集機器に強みを持つフィジコン社(Fysicon B.V./本社:オランダ CEO:Linda Elberse)の株式を取得する契約を締結し、必要な承認手続きを経て買収を完了しました。


January 26, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)は、株式会社ファインデックス(本社:東京都港区、社長:相原 輝夫)との間で、本日、医療情報システム事業に関する業務提携を行うことについて合意しました。


January 16, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口登志夫)は、医療情報ソリューション「Abierto(アビエルト)シリーズ」を、国内の大規模・中規模病院やグループ病院向けに本日より販売を開始します。


January 15, 2018

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、内閣総理大臣表彰「第7回ものづくり日本大賞」において、「臓器の立体かつ動きを撮影でき、低被ばくで環境に優しい、4次元X線CT技術」が経済産業大臣賞を受賞しました。


January 4, 2018

キヤノンメディカルシステムズは、2016年12月にキヤノングループ入りし、統合作業および、社名変更に伴う薬機法等法規対応を進めてきました。この度、必要な諸手続きが完了したことを受け、本日、社名を変更しました。


December 6, 2017

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、英国の非営利団体The Green Organisation主催の「The International Green Apple Awards for Environmental Best Practice 2017」において、500件を超える世界中の応募の中から当社製CT Aquilion ONE™ / GENESIS Editionで「JAPAN INNOVATION GOLD WINNER」を受賞しました。


November 22, 2017

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)はボルドー大学(所在地:仏国ボルドー 学長:Manuel Tunon de Lara)とMRI共同研究契約を締結し、11月21日、開発中の超高分解能技術を搭載した3テスラMRIシステムVantage Galan™ 3Tを ボルドー大学内のInstitute of Bioimagingに設置、共同研究を開始しました。


November 17, 2017

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口登志夫)は、政府が医療分野の研究開発を促進するために、本年より創設した日本医療研究開発大賞にて、「4次元X線CT装置『Aquilion ONE™』の開発」で、共同開発を行った片田和広名誉教授(藤田保健衛生大学)と遠藤真広常務理事(公益財団法人医用原子力技術研究振興財団)とともにその功績を称えられ、栄えある第1回の厚生労働大臣賞を受賞しました。


October 2, 2017

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、2018年1月4日に社名(商号)を「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」(英文名:Canon Medical Systems Corporation)に変更し、2018年の新しい年を新たな社名のもとでスタートすることをお知らせします。