最新のテクノロジーの融合が、最高のアンギオシステムを生んだ。


デジタル画像技術・IT技術の発達により、X線アンギオグラフィシステムは診断目的から、カテーテル治療まで幅広く利用されるようになりました。
当社のX線アンギオグラフィシステムはお客様の声をもとした最新の技術開発で、数多くのイノベーションを実現、世界各国の医療現場で活躍しています。

Angio System Segmentation

当社X線アンギオグラフィシステム Infinix Celeve™-i シリーズ

一刻も早い病変の確認と速やかな治療が求められるカテーテル室の臨床現場。そこでは、クリアな透視・撮影画像とともに、スムーズでリズミカルに検査・治療が進行するようサポートするシステム側の配慮や、安全への高度な対策が必要です。Infinix Celeve™-iシリーズは、こうしたニーズに応えて、術者にとってストレスが少なく、患者さんにとってより安全・安心なカテーテル検査・治療環境を提供します。さらに、心臓と末梢血管、脳血管と腹部血管といった多目的利用のためのソリューションも用意しました。


装置別対応セグメンテーション一覧


Infinix Celeve™-i シリーズ テクノロジー

俊敏な動作性能を持つCアームや先進の画像処理技術、様々な被ばく低減技術を取り入れています。


Infinix Celeve™-i シリーズ ヒストリー

アナログ透視・撮影の時代からの長い伝統と歴史をもとに、デジタル時代をリードするシステムを提供しています。

X線アンギオグラフィ関連セミナー抄録

映像情報Medical 2015年2月号別刷 【特集】フラットパネルディテクタ2015

FPD搭載型血管撮影装置の有用性(PDF:1.5MB)
大垣市民病院循環器内科/上杉 道伯 先生
同 診療検査科中央放射線室/竹中 和幸 先生

月刊インナービジョン 2011年5月号

Angio の技術進歩と被ばく低減への取り組み
-血管撮影装置の進化:PureBrain が導く被ばく低減への試み
(PDF:655KB)(株)インナービジョンのページへ

田貫会 高瀬クリニック 循環器内科/長岡 秀樹 先生

第76回日本循環器学会学術集会ランチョンセミナーLS-63(インナービジョン2012年5月号掲載セミナーリポート)

進化する循環器画像診断・治療
Low Dose Solution 究極の低線量撮影技術
不整脈治療および末梢血管インターベンションにおける被ばく低減の試み
~スポット透視の使用経験~(PDF:523KB)

高橋 淳 先生/国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院循環器内科

胸部外科 第63巻 第2号[2010年2月]「第62回 日本胸部外科学会ランチョンセミナー」再録より

ハイブリッドシステムが切り開く新たな世界
カテーテルと手術のコラボレーションによるさらなる治療低侵襲化の試み (PDF:984KB)
座長:三重大学名誉教授、鈴鹿医療科学大学 医用工学部長/矢田 公 先生
演者:三井記念病院 心臓血管外科部長/宮入 剛 先生

第40回日本救急医学会総会・学術集会教育セミナー9(インナービジョン 2013年4月号掲載セミナーリポート)

次世代救命救急センター初療室の展開:外傷初期診療のBreakthrough
Hybrid Emergency Room
─IVR-CTを核とした新たな救急初期診療の提案─ (PDF:865KB)

大阪府立急性期・総合医療センター 高度救命救急センター/中森 靖 先生

商標
• Infinix、Infinix Celeve、PureBrainはキヤノンメディカルシステムズ株式会社の商標です。

医療機器製造販売認証番号
• X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000H 220ACBZX00011000
• X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000V 218ACBZX00001000
• X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000F 218ACBZX00003000
• X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000C 218ACBZX00004000
• アルファマッケ手術台 埋込型 1150 13B1X00176SW0009