News | Press Releases


December 8, 2020

新型コロナウイルス抗原定性検査キット「Rapiim SARS-CoV-2-N」の販売開始について

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を迅速かつ簡便に検出する抗原定性検査キット「Rapiim SARS-CoV-2-N(ラピーム サーズ コブ ツー エヌ)」の販売を本日より開始します。

Rapiim SARS-CoV-2-Nは、公立大学法人 横浜市立大学(神奈川県横浜市)との共同研究をもとに開発しました。横浜市立大学が開発したSARS-CoV-2に特異性の高い抗体と、当社が培ったRapiimの高感度検出技術プラットフォームを組み合わせることにより、A型・B型インフルエンザウイルスなど他のウイルスと交差反応することなくSARS-CoV-2を的確に検出するとともに、6.64 pg/mL程度の微量なウイルス抗原をわずか15分で検出することができます。また、多量のウイルスの場合は4分で検出が可能です。
Rapiim SARS-CoV-2-Nは、専用装置Rapiim Eye 10(2016年11月販売開始)と組み合わせて使用します。現在インフルエンザ検査などでRapiim Eye 10を使用中の施設においては、Rapiim Eye 10をアップグレードすることなく同検査キットが使用可能です。

当社は、CTを始め、X線診断装置、超音波診断装置、新型コロナウイルス迅速遺伝子検出検査や抗原検査を組み合わせ、新型コロナウイルス感染症診断に必要なトータルなソリューションを提供することで、感染拡大防止に取り組まれているすべての医療従事者、関係の皆さまを支援してまいります。


主な特長

1.医療従事者に、より安全な検査環境を提供します。 
鼻咽頭ぬぐい液に加え、医療従事者の管理下で患者様自身が採取可能な鼻腔ぬぐい液にも対応し、医療従事者への感染リスクを低減可能です。
また、採取後のスワブを検体処理液に浸すことで、SARS-CoV-2のエンベロープが破壊され、SARS-CoV-2は不活化されます。

2.SARS-CoV-2を的確に検出します。 
横浜市立大学が開発した抗SARS-CoV-2抗体を採用し、近縁ウイルスであるSARS-CoV、MERS、また、風邪症状を引き起こすヒトコロナウイルスや、A型インフルエンザウイルス(H1N1、H3N2)、B型インフルエンザウイルス、ライノウイルス、RSウイルス、アデノウイルス等、37種類のウイルスや細菌で交差反応を示しません。これにより、偽陽性の発生リスクを低減させています。

3.高感度検出技術の採用により、微量なウイルスを検出します。 
Rapiim独自の高感度検出技術を、インフルエンザウイルス、RSウイルスに続き、SARS-CoV-2に採用し、6.64 pg/mLの抗原*1、203 RNAコピー/テストのウイルス*2を15分で検出します。また、多量のウイルスでは、4分で陽性を判定します。

*1)組換えSARS-CoV-2抗原
*2)SARS-CoV-2 JPN/TY/WK-521(国立感染症研究所株)

一般的名称SARSコロナウイルス抗原キット
販売名SARSコロナウイルス抗原キットRapiim SARS-CoV-2-N PRT-C2N01A
承認番号30200EZX00083000
保険適用令和2年5月13日付 保医発0513第1号「検査料の点数の取扱いについて」
・D012 感染症免疫学的検査 SARS-CoV-2抗原検出 600点
令和2年度 診療報酬点数
・D026 検体検査判断料 6.免疫学的検査判断料 144点

Rapiim はキヤノンメディカルシステムズ(株)の商標です。