News | Press Releases


July 1, 2019

世界初、AIを用いて設計したノイズ除去再構成技術を搭載した3テスラMRI装置「Vantage Centurian」の国内販売開始について

Vantage Centurian

キヤノンメディカルシステムズ株式会社 (本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫) は、AI(ディープラーニング技術)を用いて設計したノイズ除去再構成技術「Advanced intelligent Clear-IQ Engine (AiCE) 」を世界で初めて搭載した3テスラMRI装置「Vantage Centurian」(ヴァンテージ センチュリアン)の国内販売を本日より開始します。本製品は、AiCEに加え、傾斜磁場性能を強化したハイエンドクラスの3テスラMRI装置です。


当社は、3テスラMRI装置 Vantage Galan 3T / ZGO(以下ZGO)と、ディープラーニングによるノイズ除去再構成技術を融合させた画質評価を、2018年3月から順次、国内外の複数の大学と進めてまいりました(注1)。このノイズ除去再構成技術は、単に画像を高分解能で撮像できるだけでなく、従来検査では困難であったさらに高分解能な撮像を短時間で行なうことが可能となるため、これまで以上の高分解能撮像の臨床検査への適応とその有用性に、共同研究施設より高い評価をいただきました。

Vantage Centurianは、ZGOのハードウェアを継承しブラッシュアップした装置で、AiCEに加え、新しい圧縮センシング応用技術「Compressed SPEEDER」をはじめとする撮像の高速化技術を搭載し、高画質化と高速化をこれまでにない高い次元で両立します。日常検査において、高磁場MRIのような高分解能の画像診断が可能になり、高い臨床的価値を提供するとともに、検査時間の短縮化により患者さんの検査負担を軽減します。さらに高いスループットを実現し病院経営にも貢献します。

当社は最新の技術を応用することで、より質が高く、効率の良い医療の提供の実現を今後も目指してまいります。

新製品の主な特徴

(1) 高画質を実現する傾斜磁場コイル
新たに開発した傾斜磁場コイルは、その高い傾斜磁場強度によって、特に脳神経領域で多用される拡散強調画像の大幅な画質向上を提供します。また、撮像条件設定の自由度が向上することでワークフローの改善、体動などの動きの影響を低減します。さらに、ハイパワーでありながら、画質の低下につながる発熱量や渦電流を大幅に低減(注2)するなど、安定した高画質を提供します。


(2) 高精細を実現するノイズ除去再構成技術「Advanced intelligent Clear-IQ Engine (AiCE)」
AiCEは当社CT装置にいち早く製品搭載(注3)されている技術で、分解能を維持したままノイズを選択的に除去することができる次世代再構成技術です。世界で初めてMRIに搭載しました。
ディープラーニングによって、ノイズの多い画像とノイズの少ない画像との関係性を予め解析しモデル化させることで、新たに得られた画像からノイズ成分のみを選択的に除去することができます(図1)。これにより、高分解能画像の短時間収集が可能となり、限られた臨床検査の時間内でより高精細な画像を提供できるようになります。



(図1) 上段は一般的なフィルター処理を用いたノイズ除去。サブトラクション画像にはノイズと共に本来必要な情報も残存する。
下段がAiCEによる再構成。ノイズ成分のみ選択的に除去するため、サブトラクション画像にはノイズ成分のみ残存する。


(3) 画質劣化を最小限に抑える高速撮像技術「Compressed SPEEDER」
新たに搭載したCompressed SPEEDERは、パラレルイメージング法と圧縮センシング法を組み合わせた高速撮像法です。従来の圧縮センシング法の課題であった、2D撮像下の画質劣化を抑え、高速化を可能にします。さらにAiCEとの組み合わせにより、高画質化と高速化をこれまでにない高い次元で両立します。


(注1)ニュースリリース「キヤノンメディカル、熊本大学とボルドー大学でMRI撮像へのディープラーニング適応の研究を開始」
https://jp.medical.canon/News/PressRelease/Detail/21929-834
(注2)発熱量55%低減、渦電流を60%低減(当社従来比)
(注3)2018年4月10日ニュースリリース2017年、Aquilion Precisionに搭載
https://jp.medical.canon/News/PressRelease/Detail/26377-834
2018年11月12日ニュースリリース、Aquilion ONE /GENESIS Editionに搭載
https://jp.medical.canon/News/PressRelease/Detail/35962-834

一般的名称超電導磁石式全身用MR装置
販売名装置 Vantage Galan 3T MRT-3020
認証番号228ADBZX00066000
類型Vantage Centurian




 以上

【キヤノンメディカルシステムズについて】 
当社は、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や体外診断装置、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界150以上の国や地域に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。 
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 ホームページ:https://jp.medical.canon/

【地球環境への取り組み】 
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。 
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 環境活動:https://jp.medical.canon/about/environment

Vantage Centurian、Vantage Galan、Aquilion、Aquilion ONE、Aquilion Precision、Made for Life はキヤノンメディカルシステムズ株式会社の商標です。