News | Press Releases


September 25, 2018

キヤノンメディカル大連工場開所式を開催

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、9月14日、キヤノン医用機器(大連)有限公司(中国遼寧省)の開所式を開催しました。


当社はマザー工場のある日本の他、中国、ブラジル、ロシア、マレーシアに製造の拠点を持ち、医療システムの部品やユニットの生産、組み立てなどを行っています。キヤノン医用機器(大連)有限公司は、キヤノン大連事務機有限公司内に拠点を構え、2018年6月より生産を開始しました。

開所式に参加した当社取締役専務の信太 泰雄は、関係者への感謝の言葉とともに「キヤノン医用機器(大連)有限公司が名実共にキヤノングループの一員に加わったことを大変喜ばしく思います。今後も、同じ大連のR&Dの拠点であるキヤノンメディカルシステムズ研究開発(大連)有限公司、北京の販売会社であるキヤノンメディカルシステムズ(中国)有限公司と共に世界各国で人々の健康に貢献し続け、Made for Lifeの理念を追求していきます」と、述べました。

引き続き大連市金普新区管理委員会 呂 東升副主任より、「激しい市場競争の中で、キヤノン医用機器(大連)有限公司が世界一流企業を目指して成長しつつ、地域経済発展のために、より多くの貢献をしていただけることに期待しております」と、強い期待を述べられました。

当社は尊い命を守る医療に貢献したいとの思いを込めたMade for Lifeの理念のもと、キヤノングループのメディカル事業の主軸としてさらなる事業の強化を図ってまいります。

キヤノン医用機器(大連)有限公司概要

所在地遼寧省 大連市 経済技術開発区 淮河西路23号
(佳能大連 事務機 有限公司 敷地内)
延べ床面積約18,000平方メートル
従業員数約300名(2018年8月現在)
生産品目CT、MRI、X線診断装置、検体検査装置向けユニット生産および超音波診断装置のプローブ生産



中央左が大連市金普新区管理委員会 呂 東升副主任、中央右がキヤノンメディカルシステムズ 取締役専務 信太泰雄









 以上

【キヤノンメディカルシステムズについて】
当社は、2016年12月より、キヤノングループの一員となり、2018年1月4日に社名を「東芝メディカルシステムズ株式会社」から「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」に変更しました。疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界150以上の国や地域に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 ホームページ:https://jp.medical.canon/ 

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 環境活動:https://jp.medical.canon/about/environment 

Made for Lifeはキヤノンメディカルシステムズ株式会社の商標です。