News | Press Releases


April 13, 2018

高精細検出器を組合せ可能な次世代X線アンギオグラフィーシステム「Alphenixシリーズ」の販売開始について

Alphenix™ Core+

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、次世代X線アンギオグラフィーシステム 「Alphenix™ Core+」、「Alphenix Biplane」(「アルフェニックス コアプラス」、「アルフェニックス バイプレーン」) および、アンギオ検査支援ワークステーションの国内販売を本日より開始します。


近年、先進諸国においては高齢化が進み、加齢に伴う様々な血管障害による疾病罹患者が増加しています。手首や足の付け根からカテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、開頭や開胸する外科手術より侵襲度が低い血管内治療(カテーテル治療)の果たす役割が増しています。

カテーテル治療においては、治療デバイスの精緻な操作が治療予後に関わると言われます。この精緻な操作を実現するために、X線血管撮影装置には高精細な画質と高い操作性が求められます。さらに治療はX線を照射しながら行うため、患者さんの被ばく低減はもちろんのこと、術者の被ばく低減にも関心が寄せられています。また、カテーテル治療は術者の経験に頼るところが大きく、安全な治療のための治療計画の立案から術中の支援機能強化に対するニーズが高まっています。

新製品のAlphenixシリーズはこれらのニーズに応え、画質向上、ワークフローの最適化、被ばくの低減を実現し、カテーテル治療をサポートします。


Alphenix Core+は床置型シングルプレーンシステム、Alphenix Biplaneはバイプレーンシステムで、3種のサイズの異なるFPDの組合せにより全身さまざまな手技に対応したシステムラインアップを有します。(図1)


図1 システムラインアップ


4月13日(金)~15日(日)パシフィコ横浜で開催される国際医用画像総合展 (ITEM)に出展します。

新製品の主な特長

1. 画質向上
X線発生からモニターに表示されるまでのイメージングチェーンを大幅に見直し高精細画像を実現しました。特にデジタル画像処理装置を一新し、平面検出器(FPD)の持つワイドなダイナミックレンジを有効に活用した上、さらなるノイズ低減を図りました。
さらに、動画対応のFPDとして高精細画像を目指し、従来の約1/2サイズを実現した76μmの画素サイズを持つ高精細検出器「Alphenix Hi-Def Detector」(「アルフェニックス ハイデフディテクター」)を開発し搭載可能としました(オプション)。これにより特に脳動脈瘤のコイル塞栓術など脳血管内治療において、最小1.5インチという小さな視野を、鮮明な画像で大きくモニターに表示することができるため、精緻なカテーテル治療を高精細画像でサポートします。臨床評価においてご使用いただいたドクターより、「瘤内のコイルの動きが過去経験したことが無いほど良く観察できる」との評価を得ています。(図2)


図2 現行FPDと高精細検出器の比較


2.ワークフローの最適化
デジタル画像処理装置の刷新により、操作性や応答性の向上を実現しました。DSAや透視ロードマップ時の患者体動によるミスレジストレーションをリアルタイムに自動補正するなど、様々な自動化技術を採用することで、術中・術後のワークフローを改善します。
さらに、カテーテル寝台に術者や術式に応じカスタマイズが可能なタッチパネル操作卓「Alphenix Tablet(アルフェニックス タブレット)」をオプションで構成することができ、操作性の向上が図れます。


3.被ばく低減
従来より好評をいただいている、患者さんのみならず術者の被ばくにも配慮する当社の被ばく低減技術は、Alphenixシリーズにも引き継がれます。Alphenix Core+/Biplaneでは、全機種に「SPOT ROI(スポット ロイ)」を搭載することが可能になり(オプション)、さらなる被ばく低減と画質の最適化を実現します。「SPOT ROI」は、手技中の詳細に見たい部分に最適な線量を照射し、それ以外の周辺部は低線量化したX線を照射する、視認性の確保と被ばく低減を同時にかなえる弊社独自の入射線量低減機構です。SPOT ROIで低線量化した周辺部は、通常透視に比べおよそ65~85%の線量低減を実現します。(図3)


図3 SPOT ROI

一般的名称据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置
販売名X線循環器診断システム Alphenix INFX-8000V
認証番号218ACBZX00001000


一般的名称汎用画像診断装置ワークステーション
販売名アンギオワークステーション XIDF-AWS801
認証番号224ACBZX00032000




 以上

【キヤノンメディカルシステムズについて】
当社は、2016年12月より、キヤノングループの一員となり、2018年1月4日に社名を「東芝メディカルシステムズ」から「キヤノンメディカルシステムズ」に変更しました。疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界140カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 ホームページ:https://jp.medical.canon/ 

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 環境活動:https://jp.medical.canon/about/environment 

Alphenix、Made for Life はキヤノンメディカルシステムズ株式会社の商標です。