News | Press Releases


January 16, 2018

医療情報ソリューション 「Abiertoシリーズ」の販売開始について

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口登志夫)は、医療情報ソリューション「Abierto(アビエルト)シリーズ」を、国内の大規模・中規模病院やグループ病院向けに本日より販売を開始します。

Abiertoシリーズは最新テクノロジーにより、オープンな環境のもと標準のプラットフォーム上でマルチベンダによる医療情報の収集・統合・解析・可視化することで、医療業務の効率化を実現します。将来的には、院内情報の共有にとどまらず、地域包括ケアシステムまでを視野にいれた患者中心の医療の実現を目指します。

米国においては前政権が推進した医療保険制度改革(通称:オバマケア)により医療の効率化・治療の質の向上・退院後の患者ケアが強く求められたことを背景に、医療・健康データの統合基盤(VNA:Vendor Neutral Archive)と医療連携技術(Telehealth、Population Health)が急速に拡大しています。日本においても、医療情報の統合の意識は高まりつつあり、医療情報の利活用による新たな診療方法の創出や医療の効率化が活発化すると考えられています。

当社ではモダリティベンダとしての強みを活かしながら、画像情報だけでなく、あらゆる医療情報を活用し、IT技術に基づくイノベーションで医療に貢献する「Medical Informatics」の取組みを行なっています。
その構想を実現するための新たなソリューションとして、医療データを共有・統合する医療情報統合管理システム「Abierto VNA」、および、その蓄積した価値あるデータを表示・利活用する医療情報統合ビューア「Abierto Cockpit」の提供を開始します。

(1) Abierto VNAの特徴
Abierto VNAは、オープンな環境で柔軟なシステム化ができる新たなプラットフォームです。高度なデータフロー自動制御により既存PACSビューアで画像参照が行え、既設システムのさらなる有効活用が可能です。
また、完全なオープン・アーキテクチャにより、ユーザーの都合に合わせ柔軟なデータ統合プラットフォーム導入計画が立てられます。

(2) Abierto Cockpitの特徴
Abierto Cockpitは、専用のビューアで、今まで一覧できなかった、画像や検査結果などの部門情報、カルテ記載などの電子カルテ情報などあらゆる情報を融合させ、モバイル端末により院内のどこからでも、素早く情報にアクセスが可能です。



 以上

【キヤノンメディカルシステムズについて】

当社は、2016年12月より、キヤノングループの一員となり、2018年1月4日に社名を「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」に変更しました。疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界140カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。

キヤノンメディカルシステムズ株式会社 ホームページ:https://jp.medical.canon/

【地球環境への取り組み】

当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。

キヤノンメディカルシステムズ株式会社 環境活動:https://jp.medical.canon/about/environment

Made for Life はキヤノンメディカルシステムズ(株)の商標です。