News | Press Releases


September 15, 2022

CXDIのノイズ低減処理ソフトウェア「Intelligent NR」を発売

CXDI-810C/-710C/-410C Wireless

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社︓栃木県大田原市 代表取締役社長︓瀧口 登志夫)は、ディープラーニングを用いて新たに設計されたノイズ低減処理ソフトウェア「Intelligent NR(インテリジェント エヌアール)」の販売を本日より開始します。本ソフトウェアは、キヤノン製デジタルラジオグラフィ(DR)のハイエンドモデル CXDI-410C Wireless、CXDI-710C Wireless、CXDI-810C Wirelessのオプション機能として提供されます。

Intelligent NRは、AI技術の一つであるディープニューラルネットワークを用いて構築したX線画像向けのノイズ低減アルゴリズムをCXDIのノイズ低減処理に適用したものです。
教師データにキヤノンが長年にわたり蓄積してきた「CXDI」シリーズの臨床画像から厳選したX線画像を用いることで、さまざまな撮影部位におけるノイズの特徴を学習し、従来ノイズ低減処理(以下、従来NR処理)と比較して最大約50%※1のノイズ低減を実現しました。
従来NR処理と異なり、Intelligent NRでは、被写体の構造にあたるシグナル成分はそのままに、ノイズ成分のみを低減できる点が大きな特徴です。

当社の一般X線撮影装置「RADREXシリーズ」 との組み合わせにより、低線量撮影においてもノイズの少ない診断画像の提供が可能となるため、患者さんの検査負担を低減します。sou
RADREX シリーズ

1.被写体別のノイズ低減イメージ
同一線量で撮影した臨床画像を比較すると、従来NR処理像に対し、Intelligent NR像はノイズが低減し、被写体の構造(骨、カテーテル等)の視認性が向上していることが確認できます。
Intelligent NRを適用することで診断能の向上、あるいは低線量撮影の可能性が期待できます。

■小児胸部撮影時
sou
■骨盤撮影時
sou

2.X線撮影装置の性能評価用器具 撮影時のノイズ低減イメージ
Intelligent NR処理では、被写体の構造にあたるシグナル成分はそのままに、ノイズ成分のみを低減しています。
sou
sou

本システムはAI技術の一つであるディープラーニングを設計段階で用いた技術。本システム自体に自己学習機能は有していない。
※1従来のノイズ低減処理アルゴリズム適用後のノイズ量と比較した場合。

「Intelligent NR」は以下のデジタルラジオグラフィのオプション

一般的名称販売名認証番号製造販売業者
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフデジタルラジオグラフィ
CXDI-410C Wireless
229ABBZX00049000キヤノン株式会社
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフデジタルラジオグラフィ
CXDI-710C Wireless
229ABBZX00020000
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフデジタルラジオグラフィ
CXDI-810C Wireless
229ABBZX00029000

CXDIシリーズと組合せ可能なX線診断装置「RADREXシリーズ」

一般的名称販売名認証番号製造販売業者
据置型アナログ式汎用 X線診断装置一般X線撮影装置
MRAD-A25S RADREX
224ADBZX00120000キヤノンメディカルシステムズ株式会社
据置型アナログ式汎用 X線診断装置一般X線撮影装置
MRAD-A32S RADREX
224ADBZX00123000
据置型アナログ式汎用 X線診断装置一般X線撮影装置
MRAD-A50S RADREX
224ADBZX00110000
据置型アナログ式汎用 X線診断装置一般X線撮影装置
MRAD-A80S RADREX
224ADBZX00125000