News | Press Releases


August 31, 2022

ワイヤレスX 線デジタル撮影装置の新製品「CXDI-Pro」を発売

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、代表取締役社長:瀧口 登志夫)は、DR(Digital Radiography)方式のワイヤレスX線デジタル撮影装置CXDIの新モデルとしてCXDI-Pro(シーエックスディーアイ プロ)を8月31日に発売します。

CXDI-Proは、高い基本性能を持ち、経済性にも優れたスタンダードモデルです。シンチレータにはハイエンドモデルで採用している高感度のCsI(ヨウ化セシウム)を採用することでノイズ低減を実現、低線量での撮影が可能です。

新製品では、本体材質にマグネシウム合金を採用。半切サイズ(撮影サイズ350×426mm)のワイヤレスで、本体質量は約2.9kg(バッテリー込み)、防塵防水等級IP55に準拠し、軽量化と堅牢性の両立を実現しています。また、本体裏面に深い凹み形状を設け、持ちやすさを向上させています。
さらに、新設計のハードやソフトにより効率の良いワークフローを実現しました。キヤノンメディカルシステムズ一般X線撮影装置「RADREXシリーズ」と、X線発生装置通信モジュール※1を組み合わせることで撮影手順が簡略化され、高いスループットの使いやすい一般X線撮影システムとしてご使用いただけます。

sou
CXDI-703C Wireless(左:前面/右:裏面)

[新製品の主な特長]
1.高感度CsI(ヨウ化セシウム)を採用
シンチレータにはハイエンドモデルで採用している高感度のCsI(ヨウ化セシウム)を採用しました。ノイズ低減が図れるため低線量での撮影が可能となり、患者さんへの低侵襲撮影が期待できます。

2. 軽量化と堅牢性を追求、操作性の良いデザイン

本体カバーにはマグネシウム合金を採用。落下や曲げ荷重に対する堅牢性を維持しながら、本体質量約2.9kg(バッテリー込み)の軽量化を実現しています。またハイエンドモデルと同様に、本体裏面に、指をかける凹み(最深6.8㎜)を設け、保持力の高い持ちやすいデザインとしました。また、角や側面のラウンド形状により、平置き時からの持ち上げや患者さんとベッドの間への挿入がスムーズに行えます。sou
軽量で持ち運びやすいデザイン

3.さまざまな検査環境に対応できる、防塵・防水規格 IP55に準拠
固形異物や水等の侵入に対する保護等級はIP55に準拠。高い防塵性、防水性を備えており、手術室など液体のかかる場所でもご使用いただけます。

4.検査効率を向上する高速動作と、バッテリーを長持ちさせる省エネ設計を両立
新回路設計により、起動時間を4秒以下に短縮( 従来約6秒 )、撮影サイクルタイムを5秒以下(従来約9秒)に短縮し、検査効率を向上します。さらに回路の省電力化により、内蔵バッテリーによる駆動時間も約6.5時間から10時間以上へと大幅に改善しています。※2

※1 オプションソフトウエア
※2 キヤノン株式会社試験基準による


一般的名称販売名認証番号製造販売業者
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフデジタルラジオグラフィ CXDI-Pro303ABBZX00048000キヤノン株式会社