News | Press Releases


November 11, 2014

プレミアム超音波診断装置・Aplioシリーズに新たな臨床アプリケーション ~多彩な新機能でより幅広い領域で診断をサポート~

Aplio Platinum Series

東芝メディカルシステムズ株式会社 (本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫) は、プレミアム超音波診断システムAplio™シリーズ (Aplio 500, Aplio 400, Aplio 300) に搭載可能な新たな臨床アプリケーション群を開発、プラチナシリーズ (Platinum Series) として新たなラインアップに加えます。 今月末から米国・シカゴで開催される北米放射線学会 (RSNA) に展示し、グローバルでの販売活動を開始します。

開発の背景

被ばくのない超音波診断は診断からフォローアップまで幅広い臨床領域で用いられています。 特に近年、がんや腫瘍の確定診断、治療方針の決定から治療後の効果判定に有効な診断方法としてその有用性が高まっています。
Aplioは、こうした市場ニーズに答えるべく、プレミアム超音波診断装置として東芝グループの総力を上げて開発され、最新テクノロジーから生み出された新機能や最新臨床アプリケーションを搭載するためのアップグレードを継続的に行ってきました。 今回のアップグレードでは、組織の弾性特性を可視化してびまん性疾患や腫瘍の診断に役立てるエラストグラフィの機能強化や、治療の際の穿刺針の視認性を高める技術などが新たに追加されます。

新バージョンの主な特長 

Shear wave (シアウェーブ) エラストグラフィ (Aplio 500のみ・オプション)

超音波の照射によって生体組織に圧迫を加えると、その反動で横方向にせん断波 (Shear wave) が伝わります。その伝播速度は生体の弾性 (硬さ) によって変わります。 その速度を超音波装置で計測することにより、組織の硬さの空間的分布をカラーで表示します。 さらに、せん断波の到達期間を等高線表示する東芝独自の表示モードを搭載しました。 この到達時間等高線表示により、せん断波が伝わっているかどうかをカラー画像にて確認して検査結果の信頼性を判断することができます。
また、プローブの圧迫動作により病変部位の歪 (ストレイン) の様子を計測し、その空間的分布をカラーで表示するストレインエラストグラフィは、従来よりも弱い圧迫動作でも計測が可能になり、より再現性の高い検査をサポートします。

sou