News | Press Releases


November 25, 2021

ディープラーニングを応用した超解像画像再構成を実現 新世代320列エリアディテクターCT 「Aquilion ONE / PRISM Edition」 の販売開始について

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、代表取締役社長:瀧口 登志夫)は、ディープラーニングを応用した超解像画像再構成技術「Precise IQ Engine(PIQE:ピーク)※1」および新たな被ばく低減技術「SilverBeam Filter(シルバービームフィルター)」を搭載した、320列エリアディテクターCT(以下、ADCT)Aquilion ONE / PRISM Edition(アクイリオン ワン / プリズム エディション)の国内販売を本日より開始します。

Aquilion ONE / PRISM Editionは、ディープラーニングを応用した技術として、「Advanced Intelligent Clear-IQ Engine(AiCE)」や、「Spectral Imaging System」の搭載を先駆けて進めてきましたが、新たに超解像技術や被ばく低減技術を導入することで、高精細画像による診断能向上や、さらなる低被ばく検査に貢献します。

製品の特長
1)Precise IQ Engine(PIQE:ピーク)
PIQEはディープラーニングを応用した超解像画像再構成技術で、高精細な1心拍撮影での心臓検査を実現します。ニューラルネットワークのトレーニングには、教師データに高精細CT 「Aquilion Precision」の高精細なデータを使用。併せてMBIR(Model Based Iterative Reconstruction)やDLR(Deep Learning Reconstruction)を教師データに適用することで、CT装置が持つ分解能を復元し、引き出すDCNN(ディープコンボリューショナルニューラルネットワーク)を構築しました。空間分解能の向上のみならず、優れたノイズ低減効果や粒状性の維持効果が得られ、ADCTでの更なる低侵襲かつ高精細な画像を描出します。

2)SilverBeam Filter(シルバービームフィルター)
X線を制御するためのX線光学系技術であるPUREViSION Opticsに、新たにSilverBeam Filterを搭載。銀(Ag)のフィルターを加えてX線内の低エネルギー成分を低減し、高エネルギー側へシフトすることで、被ばくを大幅に抑制します。ディープラーニングを用いて設計された画像再構成技術「Advanced Intelligent Clear-IQ Engine (AiCE)」との併用ができ、胸部一般撮影に近い被ばく線量での、高品質な低ノイズ肺がんCTスクリーング検査の提供を目指します。

なお、本製品は、2021年11月28日~12月2日(現地時間)に開催される北米放射線学会(RSNA2021)でもバーチャルブースにて紹介しています。
https://global.medical.canon/News/Events/rsna2021


一般的名称販売名製造販売認証番号
全身用X線CT診断装置CTスキャナ Aquilion ONE TSX-306A301ADBZ0X0028000

※1 PIQEは画像再構成に用いるネットワーク構築にてディープラーニングを使用しており,本システム自体に自己学習機能は有しておりません。

※ Aquilion、Aquilion ONE はキヤノンメディカルシステムズ株式会社の商標です。