iSense

Workflow iSense

直感的操作が可能なインターフェースが提供する、スピーディかつ高精度診療。

Ergonomics
体に優しいエルゴノミクス

23インチの大型ワイドモニタを搭載し、パネルも中心から最大200mm(横方向)まで可動域を広げましたまたパネルを低い位置に動かせるので肘を低い位置に置いて、モニターを見下ろす体勢に出来るため首や肩が疲れにくく、長時間の検査でも負担が少なくなります。



フリップダウン、ダブルホイールキャスターで快適移動

液晶モニタを前方に倒してたためるため、移動の際に前方視界を妨げることがありません。また、装置本体の軽量化とキャスターにダブルホイールを採用することで移動時の快適な滑り出しを実現。検査室、救急、カテーテル検査室、手術室などあらゆる検査シーンに対応します。



すぐに使用できる起動時間

立ち上げ時間はわずか30秒。スタンバイからは15秒の高速起動です。



2nd Console*

ワイヤレスタブレットからリアルタイムで画像の確認や画像保存・フリーズやカラードプラなどの操作が行えます。検査体勢が低くなりがちな下肢の検査や、スペースが限られるカテーテル検査室など、さまざまなシーンでの活躍が期待されています。



マルチファンクション

動作モードに応じてトラックボール周りのスイッチが自動で切り替わります。切り替わった配置はモニタ上に表示され、少ない視線の移動で検査を進めることができます。



バッテリー駆動対応*

バッテリーの搭載が可能になりました。停電などによって電力供給が絶たれた場合にも継続して使用できます。フル充電で30分程度の検査が可能です。



Data storage

データは内蔵ハードディスク、USBメモリ、CD/DVDメディア、DICOMサーバに保存することができます。さらに外付けHDDにも保存可能です。



management

取得した高精細画像を再構成前のRawデータとして保存を可能にしました。保存画像に対して、ゲイン調整、カラー画像消去、アノテーションとボディーマークの追加や削除、マップ変更、スウィープスピード変更、ゼロシフト調整や距離などの再計測等が可能となります。



業界標準の規格で院内ネットワークに接続*

医用画像データ通信規格として業界標準DICOMに対応。さらに、2016コネクタソンにて最高基準をクリアしています。LANケーブルからはもちろん、無線LANからも院内のネットワークに接続することが可能で、画像や患者情報を入出力できます。