GCA-9300R™は、頭部SPECT検査および心筋SPECT検査において、高画質を追求すべく開発した3検出器型SPECT装置です。

効率的なデータ収集で高画質を実現

微量な放射性医薬品を用いて画像化を行う核医学検査は、高画質と短時間検査という背反する課題があります。どちらも犠牲にしたくないというニーズにお応えすべく、3つの検出器が両立に貢献します。

  • 3検出器システム
  • 2インチPMTによる高密度検出器
  • 頭部、心臓に加えて全身検査に対応

頭部SPECTへのこだわり

頭部SPECT検査において良質な画像を確実に得るために、検出器から、コリメータ、位置決め、画像処理まで細部にわたり、一貫した設計を行いました。

  • 頭部検査用ヘッドドーム
  • 高分解能ファンビームコリメータ*
  • 新しい非採血脳血流定量 Improved BUR

心臓SPECTへのこだわり

核医学検査の多くを占める心臓核医学検査では、多彩な放射性医薬品、多彩なプロトコルへの対応が求められると同時に、体内でのガンマ線吸収による影響への対応は長年の課題です。3つの検出器をベースに、ハード・ソフトを駆使して、柔軟な検査対応を提供します。

  • 主要核種に対応できるLMEGPコリメータ
  • 心筋SPECT画質改善 SSPAC
  • Cedars心臓解析ソフトウェア

*SSPAC: Segmentation with Scatter and Photopeak window data for Attenuation Correction

使いやすさへのこだわり

安定した結果を出すため、装置に乗り、ポジションを固定、位置決め、撮像を経て、装置から降りるまでの流れに基づき、従事者様や受診者様に優しい設計を考えました。

  • 乗降しやすい低床寝台
  • 円滑な検査を支援する操作機能
  • 収集、処理を独立
一般的名称核医学診断用検出器回転型SPECT装置
販売名デジタルガンマカメラ GCA-9300R
認証番号225ADBZX00120000