大・中規模病院向け

電子カルテ/オーダエントリシステム

HAPPY ACTISは最新テクノロジーにより、空間や時間を超えて患者さんの病状を俯瞰でき、治療計画の作成や指示を可能とする新しい診療プラットフォームを搭載し安心・安全な医療を提供するとともに効率のよい病院 経営を支援します。

医療スタッフの思考をサポートする直感的な操作性

診療プラットフォーム

HAPPY ACTISの診療プラットフォームは、イベント情報・経過表情報・検査結果情報・オーダ情報・カルテ記載情報(文書情報)・クリニカルパス情報を一覧することができ、診療に必要な参照及び入力機能の全ての機能を呼び出すことができます。



情報共有やシステムチェック機能による患者安全性

クリニカルパス

患者さんの状態に柔軟に対応できるクリニカルパス(ユニット対応)機能をご提供します。 複数のオーダセットのパーツ(ユニット)を組み合わせることにより、クリニカルパスの計画(オーダ)を作成できます。

日めくりパス

一覧として全体の状況を参照出来る画面から、一日単位に実施するオーダや看護指示などをまとめて表示する画面を呼び出すことができます。
業務の漏れ防止や効率化に効果をあげることができます。

レジメン画面

クリニカルパス画面からレジメンオーダの指示(修正、中止を含む)ができます。注射だけでなく内服薬、検査等を含んだ管理が可能です。
退院後の外来におけるレジメンを1つのクリニカルパスで管理することができます。



看護支援システム

看護支援システムでは看護業務の流れをそのままシステム化しており、簡単に導入することが出来ます。看護支援機能では、アセスメント、看護診断、看護計画、看護介入、看護評価の5段階の看護過程をシームレスにサポートします。



長年の使用にも性能劣化しない信頼性

多数の医療機関で実績のあるデータベースエンジン“Cache ”を採用し、長年の使用でも性能劣化しないシステムをご提供します。

蓄積された情報を病院運営に展開する発展性

地域連携システムへの拡張で、中核病院を中心としたカルテ情報(カルテ情報/患者プロブレム/病名/検査歴/予約情報など)の相互利用が進みます。患者への地域での一貫した医療サービスの提供を支援します。

定期的なバージョンアップで未来への継続性

HAPPY医療情報システム研究会や日ごろのお客様の声を反映した定期的なバージョンアップを図ります。これにより、常に最新のシステムをご利用頂くことが可能となり未来を見据えたシステム化が可能となります。