使う人のことを第一に考えた、
スマートデザイン。

デザイン新たな新型ボディ&支柱

テレスコピック方式のスリム支柱

超スリム幅支柱を採用。走行時の前方の視界が大きく広がり、すばやい危険察知に繋がります。



アームスライド

独自のオフセットドーム構造

支柱を回転させるという従来の概念を覆す、独自のオフセットドームを搭載。ドームにオフセットして設置した支柱を、ドームごと回転させ、アームを向かせたい方向に支柱が自動的に最接近します。



本体幅56cmのコンパクト設計

クラス最小級のコンパクト幅を実現。ベッドサイドの限られたスペースでも楽々操作可能です。また、コンパクト設計であるがゆえ、走行時の装置の取り回しも容易ですので、検査を省力化できます。



照射野ランプのLED化

照射野ランプの光源にLEDを採用。従来に比べ、明度が高く、視認性がよいうえ、バッテリー消費も大幅に抑えることが出来ます。
また、照射野ランプスイッチを3箇所に設けておりますので、どこからでもすぐに照射野を確認できます。



こだわり抜いたユーザビリティ

パスコードによるキーレスエントリー

装置の電源ONは、4桁のパスコード入力によるキーレスエントリー方式を採用。鍵の管理の手間や紛失の心配が一切無く、すぐに装置を起動できます。



パスコード解除

後輪2軸独立駆動

操作者の近くに装置の軸を設け、小回りのきく繊細な操作を可能にしています。また、走行は女性技師でも軽々と扱える電動アシスト方式を採用。自由かつ軽快な走行が可能です。



本体旋回

可動絞り部での本体前後操作(微速スイッチ)

可動絞り部での操作により、装置の前方、後方どちらからでも装置を操作することができ、ベッドの反対側からの撮影位置の微調整が可能です。



微速走行スイッチ

X線管後方からの支柱操作(後方ハンドル)

X線管の前方・後方の2方向からの「デュアルアクセス」を実現する後方ハンドルを搭載。操作者の立ち居地によらず、どこからでもアームの操作が可能です。



後方ハンドル

充実のカスタマイズ性

前方ハンドスイッチ/ワイヤレスハンドスイッチ(Option)

使用用途に応じて、標準ハンドスイッチの他に装置の前方に設置する「前方ハンドスイッチ」やリモコンによる遠隔操作可能な「ワイヤレスハンドスイッチ」をご用意します。 ワイヤレスハンドスイッチには、ばく射スイッチの他に照射野ランプスイッチも搭載しています。



最大出力32kW×300kHU大型X線管/ロング支柱タイプにて最大焦点高さ199cm(Option)

Mobirexは使用用途に応じたタイプ選択が可能で、大出力タイプ(32 kW)、ロング支柱タイプ(焦点高さ 199cm)からご選択頂けます。



Mobirexを使用した撮影一連風景




Mobirexを使用した撮影一連風景のご紹介