現場の声に耳を傾け、テクノロジーを凝縮し生まれたCXDI-Pro。 CsIの蛍光体など数々の新機軸によりWireless FPDの真価を発揮。あらゆる場面で快適なワークフローを実現します。

低線量モデルとしてヨウ化セシウム(CsI)を採用

CXDI-Proはヨウ化セシウム(Csl)を蛍光体に採用しました。キヤノン独自の技術で高い検出量子効率を実現した、被検者の負担を減らす低線量モデルです。

CsIを採用した高感度・高画質センサー

CsIはDQE(量子検出効率)が高く、MTF(変調伝達関数)が高いという特性があります。CsI蛍光体と画素サイズ140μmのセンサーの組合せにより、低線量で高解像度、ボケの少ない抜けの良いすっきりとした画像を提供します。

パネルが持ち上げやすい「傾斜角」のデザイン

パネルの裏面に傾斜角(カーブ形状)を採用しました。パネルを持ち上げる時に指がかかりやすく、ストレスなく軽やかに持ち上げることができます。

持ちやすく使いやすい「深い窪み」のデザイン

パネルの裏面3か所に、凹形状のホールド部を採用しました。手にしたときの馴染みやすさを実現し、術者が感じる重みを大幅に軽減しています。確実で安心感あるワークフローをサポートします。

マグネシウム合金を採用した軽量パネル

実用金属中最軽量であるマグネシウム合金を採用。半切サイズ(撮影サイズ349×426mm)でありながら、薄型バッテリーを含めてもわずか2.9kgと軽量化を実現しています。一般撮影室はもちろんポータブル撮影、救急やオペ室の撮影でも撮影者の負担を軽減します。

様々な検査に対応する耐荷重性能を実現

全面の均一荷重は310kgの強度を確保しています。パネルセンサに直接荷重がかかってしまう検査でも、安心して検査を進められます。

様々な撮影条件下でも安心な防塵・防水規格IP55準拠*

IP55に準拠した、高い防塵性能および噴流水に耐えうる高い防水性能を備えています。様々な環境下での撮影に対応しうる、汎用性の高いパネルです。

*製品の特性上、その効果を恒久的に保証するものではありません。

簡単オペレーション、照射後約1秒の画像プレビュー

オペレーションはタッチパネルやマウスによる画面操作で簡単に行うことが可能です。パネルとコンピュータ間の高速通信を実現し、X線照射後、約1秒で画像を確認することができ、スムーズな撮影が可能です。

ワークフローに合わせた充電環境を提供

一般X線撮影、回診車、検診と用途・運用に合わせ、ご施設の運用に最適な充電方法が選択でき、快適な検査環境をサポートします。

基本仕様

シンチレータ(蛍光体)ヨウ化セシウム(CsI)
画素サイズ140μm
外形寸法384(W)×460(D)×15.7(H)mm(突起物含まず)
重量2.9kg(バッテリー込み)
耐荷重310kg@全面/100kg@40mm
防塵防水性IP55
使用電源AC100V(50/60Hz)
消費電力約32VA

※認証機関における試験条件によるものであり、無破損や無故障を保証するものではありません。落下や衝突などの衝撃が加わった場合は、相応の耐水性能を維持できない恐れがあります。

sou
一般的名称X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
販売名デジタルラジオグラフィ CXDI-Pro
認証番号303ABBZX00048000
製造販売業者キヤノン株式会社