X線高電圧装置の撮影条件設定に関する情報

“J-RIME診断参考レベル(DRLs2015)(※)”と “KXO-25SS/32SSにおけるDRLs2015を超えないX線条件”

注意点

  • “KXO-25SS/32SSにおけるDRLs2015を超えないX線条件”(下表)は、被曝線量が「J-RIME 診断参考レベル(DRLs2015)」を超えないようにNDD法(※)を用いて計算したX線条件です。 
  • NDD法の計算に使用するパラメータである“NDD-M(mAsあたりの表面入射線量)”は、当社の同等方式の装置で実測した値を使用しています。 
  • X線源装置(管球および絞り)の固有ろ過は2.6mmAleq.として計算しています。 
  • 体厚と照射野サイズは、J-RIMEが線量指標の推定に用いた値で計算しています。 
  • SIDは、各部位の撮影における代表的な値を用いて計算しています。

部位J-RIME
診断
参考レベル
DRLs2015
[mGy]
KXO-25SS/32SSにおける
DRLs2015を超えないX線条件
SID
[cm]
体厚
[cm]
照射野
サイズ
グリッド備考
NDD法
による
計算値[mGy]
管電圧
[kV]
管電流
[mA]
撮影
時間
[msec]
mAs長手
[cm]
短手
[cm]
有:+
無:-
 
頭部正面32.847810032032100192520 
頭部側面21.867410025025100162520 
頸椎0.90.36741001401415012158正面
0.577416014022.415012側面
胸椎正面32.837416022035.2100203510 
胸椎側面65.797816032051.2100303010 
胸部正面0.30.14120100323.2200203535 
腹部31.827620016032120204535 
腰椎正面43.987420025050100203010 
腰椎側面1110.838420040080100303015 
骨盤32.657020028056120204535 
大腿部21.217410025025120154515 
足関節0.20.1954100636.310072012正面
0.1954100636.31007側面
前腕部0.20.1654100565.610052510 
グースマン法65.3411020018036120304535 
マルチウス法76.5311020022044120304535 
乳児胸部0.20.1660320123.84100102520 
幼児胸部0.20.1860320123.84100153025 
乳幼児
股関節
0.20.1760320144.4810072015

※J-RIME診断参考レベルDRLs2015
医療被ばく研究情報ネットワークJ-RIMEが日本国内の撮影条件実態調査データから算定した診断参考レベルです。 推奨条件ではありません。詳しくはJ-RIMEのホームページをご覧ください。
 (ご参考:医療被ばく研究情報ネットワーク J-RIME ホームページ:http://www.radher.jp/J-RIME/) 

※NDD法
X線検査時の撮影パラメータから患者の表面線量を計算する方法です。
公益社団法人 茨城県診療放射線技師会・日本放射線技術学会茨城支部・被曝低減委員会NDD研究班が提案しました。
(ご参考:茨城県診療放射線技師会ホームページ:http://www.iart-web.org/public/epd.html