10年の時を超えここに


Aquilion ONEの誕生から10年、Aquilion ONEを超えるAquilion ONEとして誕生した、新世代320列Area Detector CT。X線出力から検出器、画像再構成に至るまでをさらに機能アップし、さらなる低線量撮影、新たな診断画像の提供、スループットの向上を実現します。ガントリ設計も一新され、さまざまな施設の設置環境にも柔軟に対応します。

Decade Pride

ADCT(※)の誕生で3 次元から4 次元へと拡がった画像診断。その役割が増すにつれ、患者さんのさらなる被ばく低減と画質向上がいっそう求められてきました。Aquilion ONE / GENESIS Edition は、その実現のために、X 線の出力から検出器、そして画像再構成までのすべてを追求。さらなる低線量撮影と新たな診断画像を提供する、当社が目指すCT の未来が表されています。

※ADCT:Area Detector CT
  • PUREViSION Optics(新世代プラットフォームガントリ)
  • FIRST(順投影適用モデルベース逐次近似再構成法)



Decade Functionality

患者セッティングから撮影、画像作成までの流れを、さらに素早く、そして効率的に実現します。Aquilion ONE / GENESIS Edition は、新たに直接撮影範囲を視認できる機能やガントリチルトの拡張、専用の高速画像再構成システムを搭載。ADCT の有用性を大きく引き出すだけでなく、患者さんにも術者にも、ストレスのない快適な流れを提供します。

  • エリアファインダ
  • ガントリチルト
  • 寝台84mm左右動機能
  • ワイドボア
  • 新コンソールシステム



Decade Design

人を想うカタチ、人に愛されるカタチをコンセプトとして、Patient Centric Design(患者中心のデザイン)を追求。無駄を省き、なごみや安心感を与える美しい日本のCT です。また、従来はADCT の導入には CT 室の改修や機械室の増設が必要でしたが、この常識を、Aquilion ONE / GENESIS Edition が覆します。これまで以上の豊富な機能を備えながらも、既存の検査室に収まるサイズに凝縮。64 列CT 装置をも下回るサイズを実現しています。

  • 無駄を省き、安心感を与える美しいデザイン
  • スキャナ室最小設置面積 19 m²