目指すのは未知の領域

自動前処理機能付きのHbA1c測定ユニット(オプション)

検体(血球・全血)の自動前処理機能により、HbA1cと比色、および電解質項目の混在・連続測定が可能です。また、血球・全血分注後や洗浄時に、サンプルプローブの詰まりもチェックできますので、信頼性の高い検査を提供します。



スマート&クリアなデザイン

限られたスペースでも設置できるよう装置をスマート化し、上部カバーを開けなくても動作が確認できるようにクリアカバーを採用しています。



少ない反応液量での測定が可能

最終反応液量85µLからの測光が可能なため、試薬ランニングコストが低減できます。



検体間キャリーオーバの低減

サンプリングプローブの洗浄能力強化により、検体間キャリーオーバを0.1ppm以下に抑えています。



上位機種の豊富な機能と高精度ユニットを継承

豊富な機能と洗練された高精度ユニットにより、信頼性の高い検査を実現します。



リモートメンテナンスで安心サポート

独自のリモートメンテナンスシステムInnerVision™により、エラーメッセージや稼動状況を監視し、万一の故障時にはスピーディーな情報収集を行い、ダウンタイムを低減します。
※InnerVision™は保証期間中、保守契約期間中のサービスです。また、設置には条件があります。詳細は弊社営業またはカスタマーエンジニアにお問い合わせください。