社長メッセージ

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 令和6年能登半島地震で犠牲となった方々に謹んでお悔やみ申し上げます。被災された皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。また、医療関係者をはじめ、被災地の救済と復興に尽力されている方々に深く敬意を表します。

 いよいよ働き方改革に基づく各種施策が医療の現場で厳格に適用される時期を迎えました。当社は、質の高い医療を効率よく提供いただけるよう、”Altivity”のブランドのもとAIを活用した取り組みを進めています。画像診断機器では高画質を実現し診断の確信を高めていただくために、中でもCTにおいては、より多くの方々に高画質な画像かつ低被ばくな検査を提供できるよう、ディープラーニングを用いて設計した画像再構成技術を全セグメントに搭載いたしました。そして、画像診断の意思決定に必要な情報を迅速に提供し、画像診断の質および運用効率の向上を支援するヘルスケアITソリューションを提供しております。

 さて、今年も多くの新入社員を迎え入れることができました。「Made for Life」の経営スローガンに込められた経営理念を理解し、新たな価値を提供できる人材となってくれることを期待しています。フレッシュな皆さんとともに、これまで以上に世界中の医療に貢献してまいります。

代表取締役社長 瀧口 登志夫