安全健康管理基本方針

『CMSCグループは、いのちの尊さを基本に医療・健康・福祉の広い分野で人々の健やかな生活の実現のためにグローバルに事業を推進し、豊かな価値を創造します。

  • 1.健康と尊い命を守る医療に貢献します。
  • 2.高品質で信頼性のある「商品」と適切な「サービス」を提供します。
  • 3.お客様と共に歩み、成長していく企業を目指します。』

という経営理念に基づき、人間尊重の立場に立ち、すべての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進を推進します。
  • 1.安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「業務に起因する負傷および疾病の予防」と「安全健康管理活動の継続的な改善」に努めます。
  • 2.労働安全衛生法規等および当社が同意したその他の要求事項を順守します。
  • 3.職場で働くすべての人が「安全健康の意義」を十分に理解し、常に「安全に対する意識と危険に対する感度」を高め、「労働災害ゼロ」の安全で安心な職場づくりの実現を目指し行動します。
  • 4.次の事項に対して目的・目標を定め、実行します。
    • (1)リスクアセスメントを活動の柱として、労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発するリスクの低減を図ります。
    • (2)全従業員が個々の能力を十分に発揮するための心身の健康保持増進に取り組みます。
    • (3)交通ルールの遵守とマナー向上を通じて、交通事故(業務上・通勤途上)の撲滅に務めます。
    • (4)従業員の防災(火災・自然災害)意識の向上を図り、自己の安全を確保するとともに、速やかな事業復旧を可能とする基盤を構築します。
  • 5.職場管理者と従業員が一体となり、取引先や地域とも連携し、安全と健康を何よりも最優先する「安全健康文化」の創造を目指します。
  • 6.本方針は、当社の事業に係わる全ての人にホームページ等を通じて積極的に開示し、関係者の理解を求めます。

◇安全健康管理体制