当社超音波診断装置の歴史

1966SSA-01A


 Aモードを搭載した初めての超音波装置
1971SSL-21A


 Bモードディスプレイを搭載した複合スキャナー
1977SAL-10A


 電子リニア式プローブにより、リアルタイムで腹部画像を鮮明に描出することを可能にした装置
1978SSH-10A


 心電図とMモード表示にも対応した電子セクタスキャン装置
SAL-20A


 コンパクトなボディで鮮明な画像を提供することにより、超音波検査の普及に大きく貢献した
1981SDS-10A


 電子セクタスキャンを搭載することにより、ひとつのプローブでリアルタイムBモード画像とパルスドプラを同時に観察することが可能となった
1982SAL-50A / SDL-01A


 電子リニア式プローブを使用することにより、腹部血流のドプラ検査が可能となった
1983SAL-32A / 32B


 軽量・コンパクトで、ベッドサイドへ持ち運んでの検査も可能となった
1985SSH-65A


 心臓の血流のカラー表示に対応した最初の心臓カラードプラ装置
1986 電子スキャン装置出荷総数が30,000台に到達
1987SAL-38B
 

 コンパクトなボディにリニア、コンベックス、メカニカルセクタスキャンを備えた装置
1988SSH-140A


 コンパクトなボディに様々な機能を備えた全身用カラー装置
1989 電子スキャン装置出荷総数が50,000台に到達
1990TOSBEE


 

 革新的なスタイルを備えた高画質Bモード装置
1992CAPASEE


 

 スリムなボディのモノクロ装置
1993Power Vision


 

  フルデジタルビームフォーマを搭載した最高級のカラー装置
1994Eccocee


 

  シンプルで簡単操作のカラー装置
  "Turn to Color"というキャッチフレーズと共に登場し、カラードプラ装置の普及に貢献
1996 電子スキャン装置出荷総数が100,000台に到達
1998Power Vision 6000


 

 コンパクトなボディにPowerVisionの優れた性能を凝縮した装置
2001Aplio
 

 

 プラットフォームを一新し、画質革命を実現したプレミアムモデル
Nemio
 

 

 コンパクトなボディにプレミアムクラスの機能を凝縮したミドルクラスシステム
2004Xario
 

 

 Aplioのプラットフォームを受け継いだ高級機