超音波の周波数依存性減衰を診る

アテニュエーションイメージング(Attenuation Imaging:ATI)
組織内の超音波周波数依存性減衰の程度を計測することができるAttenuation Imaging(ATI)。
脂肪肝の評価(減衰の程度の評価)は、Bモードで評価するステージから、超音波の減衰の程度を計測するATIで定量評価する新たなステージへ突入しました。[1]

ATIとは?

超音波の減衰量を画像化し、定量化することが可能
ファントムリファレンス法を用いることで、広い領域の解析が可能で、データの安定性を向上
測定結果は、カラーマップと数値で表示され、信頼係数を参照しながら簡単に計測可能
※イメージ図

 

Customer’s Voice
超音波減衰法検査の有用性についてのインタビュー動画

臨床での活用の仕方、超音波減衰法検査の有用性についてインタビュー動画をご紹介します。


ATIが変える肝疾患の未来  (03:30)
熊田 卓 先生 (岐阜協立大学 看護学部)
飯島 尋子 先生 (兵庫医科大学 消化器肝臓内科学)

  • 4000例の脂肪肝症例を10年間経過観察した結果、線維化が進行しているほど肝臓以外の疾患においても死亡率が高いことがわかってきた
  • 脂肪と線維化の両方を測るのは、患者さんを診る上で肝臓以外でも重要である
  • 具体的な数値で脂肪肝を表現することで患者さんのモチベーションが上がる

ATIが変える肝疾患の未来 動画はこちらから


multimorbidity 診療に備える All in One エコー (05:39)
鈴木 康秋 先生 (名寄市立総合病院消化器内科)
市原 真 先生 (札幌厚生病院 病理診断科)
西田 睦 先生 (北海道大学病院 企画マネジメント部)

  • multimorbidity(多疾患併存状態)診療へ備えるALL in ONEエコーを
  • NASH/NAFLDは肝臓だけでなく「全身疾患」
  • 心疾患症例、肝臓以外でのがんでは線維化が、動脈硬化性疾患においては肝臓脂肪化の評価が重要になる
  • 数値を入れると簡単に解釈を表示する"レーダーチャート"の活用方法を紹介

multimorbidity 診療に備える All in One エコー 動画はこちらから

 

Seminar 
具体的な超音波減衰法検査の手順やコツに関するセミナー動画

具体的な超音波減衰法検査の手順やコツについて動画をご確認いただけます。


<クリニックの先生におススメ>

「 生活習慣病の管理において肝臓は大丈夫︖と思ったら・・・・ 」
~脂肪肝に対する超音波検査のNew Normal~ 【講演編】
小川 眞広 先生 (日本大学医学部 内科学系消化器肝臓内科学分野)
使用装置:Aplio a / Verifia

  • 触診代わりにエコーを活用することの重要性
  • 日常診療のポイントとなる脂肪肝の評価の仕方をわかりやすくご紹介
  • 患者様とのコミュニケーションツールとしてのエコーの使い方のポイントを解説

~脂肪肝に対する超音波検査のNew Normal~【講演編】動画はこちらから


~脂肪肝に対する超音波検査のNew Normal~ 【実践編】
小川 眞広 先生 (日本大学医学部 内科学系消化器肝臓内科学分野)
使用装置:Aplio a / Verifia

  • プローブの当て方のコツをはじめ、小川先生のテクニックを一挙にご紹介
  • ATIの撮り方を実機を用いて詳しく解説
  • ATIの計測のポイントもご紹介

~脂肪肝に対する超音波検査のNew Normal~【実践編】動画はこちらから


<ソノグラファーにおススメ>

「 腹部超音波検査のNext Step-肝臓編- 」
丸山 憲一 先生
(東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部)
使用装置:Aplio i800 / Prism Edition

  • ATIの撮り方や装置の設定のしかたなど詳しくご紹介
  • 計測結果レポートの仕方や数値の見方までわかりやすくレクチャー
  • ATIとShear wave Elastographyのスキャンのポイントや注意点を実機を用いて解説

腹部超音波検査のNext Step-肝臓編- 動画はこちらから

 

Seminar Information 
超音波関連学会 セミナー情報

ATIについて今後開催予定のセミナー情報について、お知らせします。
■ 日本超音波医学会 第95回学術集会(名古屋国際会議場)
総合タイトル『生活習慣病と向き合うNeo-Futuristic Style』
日 時2022年5月20日(金) 12:10~13:10
座長兵庫医科大学 消化器内科学 飯島 尋子 先生
講演1「肝びまん性疾患の診断とマネジメントー近未来への展望ー」
岩手医科大学 内科学講座 消化器内科肝臓分野 黒田 英克 先生
講演2「生活習慣病に潜むNASHを拾い上げるために 〜診察室から超音波検査に掛ける期待~」
江口病院 ロコメディカル総合研究所 所長 江口 ゆういちろう 先生


■ 第47回 日本超音波検査学会学術集会(東京国際フォーラム)
総合タイトルランチョンセミナー1 『Aplioと共に歩む ー 臨床価値を高める超音波検査 ー』
日 時2022年5月28日(土) 12:05 - 13:05 / 第1会場
座長東海大学医学部付属八王子病院 臨床検査技術科 白石 周一 先生
講演1「One up!ATI」
兵庫医科大学病院 臨床検査技術部 柴田 陽子 先生
講演2「Utilityプローブが輝く3つのシーン」
市立岸和田市民病院 医療技術局 中央検査部 六尾 哲 先生


■ 第47回 日本超音波検査学会学術集会(東京国際フォーラム)
総合タイトル『一歩先行く超音波減衰法』
日 時2022年5月28日(土) 13:45 - 14:45 / 第5会場
座長北海道大学病院 企画マネジメント部 西田 睦 先生
講演1「NASH/NAFLD 超音波診断 ―話題のATIを使いこなそう!―」
福島医科大学附属病院 松田美津子 先生
講演2「NASH/NAFLD 病理の島から超音波診断を望む」
札幌厚生病院 病理診断科 市原 真 先生
一般的名称販売名認証番号
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio i900 TUS-AI900228ABBZX00020000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio i800 TUS-AI800228ABBZX00021000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio i700 TUS-AI700228ABBZX00022000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio i600 TUS-AI600229ABBZX00013000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio a550 CUS-AA550230ABBZX00019000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio a450 CUS-AA450230ABBZX00018000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio a CUS-AA000301ABBZX00001000

・Prism EditionはAplio i800の愛称です。
・VerifiaはAplio aの愛称です。