社長メッセージ

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染拡大は日増しに深刻になっており、世界中が見えないウイルスと戦っています。お亡くなりになられた方々には心よりお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方々、不安な気持ちでお過ごしの方々には謹んでお見舞いを申し上げます。また、罹患された方々が1日も早く回復されますよう、心よりお祈り申し上げます。

 当社におきましては、X線診断装置、CT、超音波診断装置などを診断にご活用頂くとともに、先ごろ行政検査として実施可能となりました、長崎大学と共同開発した迅速な新型コロナウイルス検査システムについて今後国の研究事業の一環として提供してまいります。 医療現場では、今までにない感染症への対応のため、多くの混乱が生じているとのこと、臨床の最前線で従事される皆様を支えるため、当社は全力でサポートしてまいりたいと存じます。

 さて、この4月、多くの新入社員が当社に仲間入りしました。クラスター発生防止のために入社式は延期としていますが、この困難を乗り越え、どうしたら医療に貢献できるのかを自ら考え行動できるキヤノンメディカル人に一日も早く育っていただくことを願っています。

代表取締役社長 瀧口 登志夫