社長メッセージ


平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 未だ収束が見られない中、医療従事者の方をはじめCOVID-19感染拡大防止に継続して取り組んでおられるすべての関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

 キヤノンメディカルではウイルスとの闘いの最前線である医療現場に貢献するため、藤田医科大学と産学共同研究で開発したびまん性肺疾患のCT画像解析技術を用いた、新型コロナウイルス肺炎の診断支援に関し臨床評価を開始しました。また9月より蛍光LAMP法を用いた新型コロナウイルス検査キットの販売を開始しています。迅速・高感度な遺伝子検査を特徴としており、さまざまな施設や用途でご活用いただけるよう、さらなる改良にも取り組んでまいります。

 さて、コロナ禍といえども医療の進化を止めてはなりません。当社は医療のさらなる高度化を担うバイオサイエンスや再生医療など新たな領域においても医療従事者の皆さまとの協働をすすめ、当社がこれまで画像診断などの事業で培ったコア技術を軸に、新たな知見も取り入れて事業活動を推進しています。

 医療を取り巻く環境はますます厳しさをましていますが、「ニューノーマル」を前提とする時代において当社がなすべきことを見極め、新たなソリューションを提供し続けることで医療・社会に貢献してまいります。

 今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 瀧口 登志夫