画像診断機器を精査に使っている方、スクリーニングに使っている方も、
「自分たちが画像越しに見ているものは、何なのか?」を知ることこそ、早く、正確で、美しい?診断へのステージアップと考えます。

実践的病理診断学の世界をご堪能あれ!



市原 真 医師・札幌厚生病院 病理診断科 主任部長

1978年生まれ。2003年北海道大学医学部卒、国立がんセンター中央病院(現国立がん研究センター中央病院)研修後、現在は、札幌厚生病院病理診断科 主任部長。医学博士。病理専門医・研修指導医、臨床検査管理医、細胞診専門医。日本病理学会学術評議員(日本病理学会「社会への情報発信委員会」委員)。『臨床が変わる!画像・病理対比へのいざない「肝臓」』『上部消化管内視鏡診断マル秘ノート』『Dr.ヤンデルの臨床に役立つ消化管病理』ほか著書多数。twitter「病理医ヤンデル」で、多くのフォロワーを持つ。