「超音波エラストグラフィによる肝臓の硬さに関する情報の提供について薬機法の認証を取得しました。」

次の汎用超音波画像診断装置については、超音波エラストグラフィによる肝臓の硬さに関する情報の提供について薬機法の認証を取得しました。これらの装置を使用して肝硬変の患者(肝硬変が疑われる患者を含む。)に対し、肝臓の線維化の程度を非侵襲的に測定した場合に診療報酬区分D215-3「超音波エラストグラフィー」の診療報酬算定が行えます。

【対象装置】

・Aplio i-series(認証取得日:2018年9月14日)
装置名型名認証番号
Aplio i900TUS-AI900228ABBZX00020000
Aplio i800TUS-AI800228ABBZX00021000
Aplio i700TUS-AI700228ABBZX00022000
Aplio i600TUS-AI600229ABBZX00013000
・Aplio a-series(認証取得日:2018年9月14日)
装置名型名認証番号
Aplio a550 CUS-AA550230ABBZX00019000
Aplio a450CUS-AA450230ABBZX00018000

※肝臓の硬さに関する情報の提供には Shear Waveキットが必要です。

【診療報酬区分・点数】

診療報酬区分D215-3 超音波エラストグラフィー 200点

注) 区分番号「D215-2」に掲げる肝硬度測定について、同一患者につき、当該検査実施日より3月以内に行われたものの費用は、原則として所定点数に含まれるものとする。