超音波診断装置の本質である病気を見つけること。
そのために必要な使いやすい操作性、診断しやすい性能、スキャンしやすいプローブを考え抜いて厳選しました。
コンパクトエコーのスタンダードを、よりコンパクトに、よりスタイリッシュに。

考え抜かれた操作パネル

操作パネルのカラーには暗い検査空間において明暗順応による目の負担が少ないオニキスブラックを採用。ボタンの配置・ボタンの押しやすさ・清掃性までを考え抜き、全身検査に対応する快適な操作性を実現しました。

快適な検査空間を

従来*に比べて操作部下に空間が確保されるため検査中に膝が奥に入りやすく、より操作パネル近くで操作できます。検者の身体的負担を軽減した設計を行いました。

奥行602mmのコンパクトなデザイン

部屋のスペースに限りがある場合、従来装置*の奥行きでは届きにくかった頸動脈エコーでも、患者さんの位置を変えることなく、装置ごと軽々と前後移動していただくことで、無理な検査態勢にならずにゆとりをもった空間で検査していただく事が可能です。

※従来、従来装置はXario 100G (CUS-X100G) との比較

一般的名称販売名認証番号
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio go CUS-AGG00303ACBZX00037000
汎用超音波画像診断装置超音波診断装置 Aplio flex CUS-AFL00303ACBZX00036000