ソノグラファーの約95%が、日々の検査業務で身体のどこかしらに負担を感じています。

現場の悩みを集めてみたら、理想の超音波診断装置はどんなカタチになるのだろう。
そこでキヤノンは、何よりも使う人のことを最優先に、日々の作業負担を軽減するために、超音波診断装置の使い勝手を、ハード・ソフトの両側面にわたり、一つひとつユーザー目線で設計しました。
全てのユーザーに、全ての現場にワンランク上の使いやすさを。
現場の声に応えた、Aplio a / Verifia です。

使う人に優しく、そして高画質。充実の機能が現場の悩みに応えます!

その操作性がVerifia

検査をもっとラクに簡単に

「目」にやさしいクリアな高画質・高精細液晶モニタは、高さ調整も簡単な「首・肩」にやさしい稼働式です。
また、操作パネルの位置調整もスムーズで検者の「背中・腰」への負担も軽減します。

検査効率を向上 Protocol Assistant

用途に合わせて作成した検査手順(プロトコル)を自動的に実行でき、検査を協力にサポートします。

その画質がVerifia

ノイズを低減し、クリアな画質で病変を検出

超音波診断装置の要である送信と受信、Advanced Sync Pulser とAdvanced Beam Reciever は画質に明らかな違いをもたらします。これに加えてMuti-Harmonic Compoundingによって均一な画像を提供します。

その機能がVerifia

もっと詳しく、もっと超音波で詳細に

低流速血流の観察に適したS M I で、病変を詳細に観察。また、Shear Wave Elastographyで組織の弾性率を定量化できます。アプリケーションの一部は自動化しており、簡単に操作可能です。