Global Standard CT Symposium 2022 Web Live Seminar
開催概要

High Resolution × AI
~エビデンスに基づいた全身の画像診断とこれから~


開催日時2022年8月6日(土)14:30~(Live配信)

プログラム

14:30~挨拶 キヤノンメディカルシステムズ株式会社 代表取締役社長 瀧口 登志夫
情報提供:キヤノンメディカルシステムズ株式会社
Session1
14:45~
Canon高精細技術
座長   :宇都宮 大輔 先生(横浜市立大学大学院 医学研究科 放射線診断学)
物理評価 :檜垣 徹 先生(広島大学大学院 先進理工系科学研究科)
      「PIQE:超解像DLRがもたらすprecise imagingの可能性」
被ばく低減:永山 泰教 先生(熊本大学病院 画像診断・治療科)
      「DLRが可能にする低被ばくと高画質の両立」
(休憩)
Session2
15:40~
高精細CTのエビデンスと臨床活用
座長 :阿部 修 先生(東京大学大学院 医学系研究科 放射線医学講座)
    横山 健一 先生(杏林大学 医学部 放射線医学教室)

胸部 :岩澤 多恵 先生(神奈川県立循環器呼吸器病センター 放射線科)
    「間質性肺炎の高精細CT:病理との比較」
頭頸部:三上 毅 先生(北海道公立大学法人 札幌医科大学 脳神経外科)
    「脳血管障害・頭蓋底外科シミュレーション画像の進歩」
腹部 :是恒 悠司 先生(大阪大学大学院 医学系研究科 放射線統合医学講座 放射線医学教室)
    「腹部領域(膵癌)におけるAquilion Precisionによるイメージングの重要性」
心臓 :折居 誠 先生(岩手医科大学 医学部 放射線医学講座)
    「循環器領域におけるDLRを用いた高精細T, 超解像DLRを用いた320列CTの使用経験」