世界が認めるVitreaを、クロスモダリティ、マルチユーザーで使う

クロスモダリティ&マルチユーザー対応で、院内業務を柔軟、かつ快適にサポートする、医用画像処理ワークステーションVitrea。
一貫したワークフローで、画像データの観察から手術計画支援、レポート作成まで、日々の診断業務を強力に支援します。
Vitreaは院内の様々なPCからアクセスし画像を解析できるネットワークサーバー型ワークステーションです。

多様な画像をVitreaに統合 クロスモダリティ対応

クロスモダリティ対応

CT、MRI、SPECT、PET-CT、X線アンギオ装置など、複数のモダリティで撮影された画像データを統合的に扱うことができます。
診療各科のニーズをいち早く取り入れた最新の臨床アプリケーションを多数用意しており、価値ある情報を提供します。

膨大なデータを、高速画像処理

膨大なデータでも、高速プロセッサを用いた独自レンダリング技術でストレスのない三次元画像の描出を可能とします。
また、クライアントでの解析処理においても、画像データはホスト側の高速プロセッサを用いて処理されます。
画像データのクライアント転送を必要としないため、ホスト側でのデータ受信直後に素早く解析処理を開始できます。

複数クライアントで同時に画像処理マルチユーザー対応

最大15*ユーザーが同時にデータにアクセス可能

ホスト/クライアントのうち、最大15台まで同時に臨床アプリケーションにアクセスできます。利用できる臨床アプリケーションは、ホストとクライアントに違いはありません。また、複数クライアントから同じ検査にアクセスすることも可能です。

院内各所で、容易に画像診断を実現

診断部門、外来、カンファレンスルーム、病棟などをネットワークしたマルチユーザー構成の実現により、Vitreaをより効率的に利用することが可能になります。PACS、電子カルテと連携し直接画像処理が可能です。

*最大ユーザー数は、構成により異なります

次世代三次元レンダリング技術

Global Illumination

単方向だけでなく複数方向の光子を計算することで、物体にあたる光彩、反射を精密に再現し、より写実的な3次元画像を生成します。

Global Illuminationの詳細はこちら