SportsMed
Recent stories

Global Sports Medicine Forumシリーズ第2弾をJOSKAS-JOSSM2020にて開催!

JOSKAS-JOSSM2020:第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会・第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会
  
トップアスリートの筋、腱、靭帯損傷の診断最前線とコロナ禍における選手の管理

GSMF2020_image002.jpg

 昨年ご好評いただいた【Global Sports Medicine Forum~トップアスリートの筋、腱、靭帯損傷の診断最前線】の続報をお届けします。

ユーザー登録でGlobal Sports Medicine Forum2020の講演動画のご覧いただけます。

FCB_JL_CANON_ Official_img0001.png

セミナー動画閲覧登録

キヤノンメディカル、FCバルセロナと歴史的な5シーズンのパートナーシップ契約を更新

キヤノンメディカルシステムズ株式会社は、FCバルセロナ(ホームタウン:スペイン、カタルーニャ州バルセロナ)とFCバルセロナの公式画像診断パートナーを、さらに5シーズンにわたって継続することに合意しました。

プレスリリース

キヤノンメディカル、レアル・マドリードと2025年まで提携

キヤノンメディカルシステムズ株式会社は、スペインのマドリードをホームタウンとするレアル・マドリードの公式画像診断パートナーとしての契約を、さらに5シーズンにわたって継続します。

プレスリリース

FCバルセロナ、高性能のキヤノンメディカルの3テスラMRIを導入

キヤノンメディカル・ヨーロッパとの契約により、FCバルセロナのシウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールトレーニングフィールドにあるメディカルセンターではスポーツ診断分野の中でもトップレベルの最先端技術が使えるようになりました。中でも高性能の3テスラ磁気共鳴装置を導入したことにより、メディカルセンターはさらなる前進を遂げました。この装置で、アスリートの筋肉や骨の障害の迅速で正確な診断が行えると期待されています。
装置の運用は、保険会社のアシステンシア・サニタリアのスタッフが担当し、装置は、プロ・アマ両方のアスリートの診断、治療、リハビリに活用されます。FCバルセロナとの契約締結以降、キヤノンメディカルはすでに13台の超音波検査システムを同チームの医療サービスに提供しています。アシステンシア・サニタリアの保険加入者も、メディカルセンターで、これらの最新装置を利用することが可能となっています。

キヤノンメディカルの新型超音波システムにより、仏ラグビーチーム「スタッド・トゥールーザン」のエリートスポーツ医学が前進

キヤノンメディカルは、フランストゥールーズにある世界トップレベルのラグビーユニオンチーム「スタッド・トゥールーザン」を、超音波診断装置「Aplio i800」を通じて支援しています。同チームのトレーニングセンターに設置された超音波診断装置は、選手に起こりえる筋腱障害や骨関節障害の診断や治療に活用されています。装置の先端技術が、怪我を負った選手の復帰タイミングの診断を支援するなど、リハビリプログラムの向上に役立ちます。
また、本装置は世界中の専門家から注目を集めているため、スタッド・トゥールーザンは現在、エリートスポーツ医学の専門知識発信地となっています。

写真: Dr. Philippe Izard, Club Doctor at Stade Toulousain rugby union club.

キヤノンメディカル、フランスで世界規模のスポーツイベントを支援

キヤノンメディカルは、移動式医療センターの提供を通じて、ダカールラリー、ツール・ド・フランス、アフリカネイションズカップ、BMXヨーロピアンカップといった、トップレベルの世界的スポーツイベントを支援しています。
2016年のイベント期間中には、移動式医療センターに設置されたCT装置「Activion 16」と超音波診断装置「Aplio」により、3,000を超えるCT撮影と、250を超える超音波スキャンを行いました。

テッサ・サンダーソン財団&アカデミーが2016年、ホーマートン・ユニバーシティ病院、サー・ルートヴィヒ・グットマン・ヘルス・アンド・ウェルビーイング・センター、キヤノンメディカルと協力関係を締結。

英国キヤノンメディカルは2016年、テッサ・サンダーソン財団&アカデミー(TSFA)、ホーマートン・ユニバーシティ病院、サー・ルートヴィヒ・グットマン・ヘルス・アンド・ウェルビーイング・センターとの公式パートナーシップ立ち上げを発表しました。このパートナーシップでは、全国的に有名なスポーツ医学センター2か所のスポーツ障害専門医と筋骨格専門医とがスポーツ財団内で最先端医療画像技術を活用し、アスリートの健康とウェルビーングを管理します。