TFD-2020A
高画質と低被ばくを実現する高品質FPD。
撮影の手間を省き、スピーディーなデジタル環境を提供します。

安心に配慮して設計された高品質・長寿命のFPDに、これまで培われたデジタル技術が融合しました。
高画質・低被ばくの両立とデジタル操作のシンプルオペレーションが実現したデジタルの新しいカタチです。

半切(14x17インチ)カセッテサイズ

カセッテサイズのFPDは無線タイプと有線タイプから選択いただけます。どちらの外形サイズも、半切カセッテと同等サイズ(14×17インチ)ですので、容易に一般撮影検査をFPDデジタルシステムへアップグレードできます。

高性能Quadcel™技術搭載

TFD-2020Aは独自の高性能「Quadcel」技術を搭載しています。 特許技術である、高効率の反射膜コーティング、先進の防湿構造などの最先端技術により、長期にわたるFPDの高い性能の維持・安定化、さらに被ばく低減をも実現する、高品質なFPDを提供します。

Quadcel™とは

直接蒸着技術

高効率シンチレータ独自製造技術

反射層コーティング技術

防湿構造技術

※Quadcelは、東芝電子管デバイス株式会社の商標です。

クリニックの検査を最適化

有線タイプのX線平面検出器を選択の場合、バッテリ交換の手間やバッテリ切れの心配が無用です。またデジタル機器への直接送信も可能になりFPDの管理が非常に容易ですので、先生がお一人で検査を実施されることの多いクリニックなどに最適なFPDです。

当社の技術を集約

日本国内の大学病院をはじめ、世界中の施設に導入されている当社のデジタルシステム。
低・高濃度部をリアルタイムで自動補正できるDCF(デジタル補償フィルタ)やシャープで低ノイズを実現するf-Proc(マルチ周波数処理)などの画像処理技術で日々の画像診断をサポートします。