Beyond 01 : 理想的なX線内視鏡室


EUSの開拓者と称される山雄 健次医師と、ERCPとEUSの世界で「フリーランス」という働き方を確立させた真口 宏介医師が、 胆膵内視鏡診断および治療に欠かせない「理想的なX線内視鏡室」について語ったスペシャル対談。



30年以上に渡り、ともにトップを走り続け日本の胆膵内視鏡の分野を牽引してきた山雄医師と真口医師の対談記事をご覧いただけます。
内視鏡室へのこだわり、X線TV装置に期待されること、そして、お二人が後進の医師へ伝えたい思い、を語っていただきました。
PDFダウンロードはこちら