いま、i が動き出す。

直感的な“ i ”、知的な“ i ”、革新的な“ i ”。

多くの医療現場から求められ向き合うのは、つねにこの3点に集約されていました。この3つの難題、“ i ”を実現するために、わたしたちが最初にしなければならなかったことは、超音波診断装置開発50年の歴史を再度見直し、アーキテクチャをゼロベースから構築するという気の遠くなるような作業でした。そして、新たに開発された新アーキテクチャは、ワークフローとエルゴノミクス、全ての検査を短時間に最適に実行できる革新的なインターフェース“iSense”と、画質とアプリケーション-臨床ツールの進化が際限のない臨床性能を提供する“iPerformance”を備え、より高度に設計されたシステムとして誕生しました。Aplio™ i-series、それは超音波診断装置を知り尽くした私たちの新たな頂点です。



Architecture

Intelligent DMS (iDMS)

世界初の新マトリックスアレイの独立制御で、精密にスライス厚を制御。

iBeam Forming 

瞬時に分かる均一かつ高精細画像。最先端 送受信・信号処理技術の頂点を。



Architecture

iPerformance

先進医療において妥協できない高画質を実現するイメージング・テクノロジー。



iPerformance

iSense

最先端エルゴノミクスとワークフローが提供する、直感的インターフェース。



iSense

Specifications
電源定格700VAC ± 10% 1.5kVA
外形寸法(W)631mm / 580※mm ×(H)1177mm ~ 1757mm ×(D)953mm ~ 1053mm(アクセサリー含まず)
※アクセサリー含まず
質量約110kg(周辺機器含まず)


  • 写真とモニタ上に表示している画像はイメージです。実際の使用状況と異なる場合があります。
  • 本Webサイト中の写真には、システムに含まれない物やオプション品があります。詳しくはお問い合わせください。
  • 改良のため、仕様・外観の一部を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。