追い求め続けたいクオリティがある。
まるでプラチナの価値のように。

プロフェッショナルに選び続けられ、支持され続けてきた、超音波診断装置 Aplio 400。その妥協のない製品開発は、常に現場からもたらされるフィードバックと、臨床現場からの高い要求によって生み出されます。例えば最新の 2D Wall Motion Trackingは、心筋の壁運動を再現性よく検査。患者さん、施術される方の治療負担を大幅軽減することを可能にしました。診療から治療、多義にわたるフォローアップまで。Aplio 400…その研ぎ澄まされた輝きは、今、さらに光を増す。

新画像エンジン・High Density Beamforming による先進の高画質

• 高速かつフレキシブルなビームフォーミングでさらなる 高精細の画像を提供
• 生体特性のばらつきを補正して方位分解能を高める Tissue Specific Optimizationを搭載可能

より低い流速を捉える新しいフローイメージング Superb Micro-vascular Imaging (SMI)

• 先進のアーキテクチャが生み出した新しいブレークスルー
• 低流速域の血流イメージングの妨げになっていたモーションアーチファクトを独自のアルゴリズムでキャンセルした、今までにない血流イメージング

Superb Micro-vascular Imaging (SMI) 臨床例|HCC

臨床例:HCC(データご提供 / 川崎医科大学 畠 二郎 先生)

先進のリアルタイムアプリケーション

• 組織の弾性をリアルタイムに映像化・Elastography
• 心臓の壁運動を解析・2D Wall Motion Tracking

High Density Rendering Engineによる多彩な3D/4Dアプリケーション

• 高精細3D/4D画像を提供

進化したエルゴノミクスコンセプト・iStyle™+

• 患者の体型や検査目的に応じてパラメーター群をワンタッチで設定
• カスタマイズ可能な操作パネルとタッチスクリーン

※:オプション


モニタ19インチ液晶モニタ、
または21.5インチワイド液晶モニタ
外形寸法(W)584±20mm×
(H)1348±30mm~1745mm±50mm×     (21.5インチモニタの場合) 
(D)879±30mm
質量約130kg(周辺機器含まず)