小規模施設向け
医用画像情報システム

RapideyeCore™の機能・操作性を踏襲したコンパクトなPACS RapideyeCore™ SmartEdition。 従来のトータルファイリング機能をそのままに、省スペースで最適な環境を実現します。

大きな設置スペースを必要としないコンパクトPACS

設置スペースを抑えたスタンドアローン型を採用。コンパクトながら、別端末への配信も可能とするパワフルな1台です。

様々なデータをトータルファイリング

静止画だけでなく動画やPDF、JPEG等のデータもPACSにて一括管理可能です。患者さん単位でデータを1ヶ所に集約、院内の電子化をサポートします。

多彩な機能を搭載

患者カレンダー機能

“見やすさ”を追求した検索画面。時系列で全検査を俯瞰し、必要な情報に手早くアクセスできます。

動画表示機能

超音波検査の動画像再生にも対応。検査時のフレームレートに合わせて同一ビューアで再生可能です。

MIP/MPR処理機能

MIP/MPR処理をどのクライアント上でも操作可能です。多断面での表示が可能となり、部位の形状把握や血管の走行確認等を簡単に行えます。Axial画像のみでは難しい場合などに診断をサポートします。

医用画像外部保存サービス

クラウドを利用した医用画像外部保存サービスHealthcare@Cloud™に対応。総合モダリティメーカーとして医療現場を見続けてきた、当社ならではの「クラウド併用型PACS」で長期間安全にデータを保存します。