治療RIS:
放射線治療部門情報システム

放射線治療RISは、病院情報システム(HIS)や治療計画システム、リニアックと連携した放射線治療管理システム、その他治療関連装置、モダリティとの情報交換の要として、また放射線治療部門における照射業務を遂行するための管理役として、医療機関での導入が進みつつあります。最新の治療RISは、照射業務の効率アップだけでなく、患者さんの治療状態を把握・情報共有し、最適な治療を提供するための情報基地の役割を果たします。さらに、治療装置メンテナンスの管理や試験照射情報の管理、法定帳票の出力、JROD(放射線治療症例全国登録)データの作成など、治療のあらゆる場面で大きく貢献します。RapideyeAgent™ RT Pro はお客様の放射線治療業務をデータマネジメントの側面からサポートします。

患者さんをチームで看る

患者さんの治療に関するあらゆる情報を「治療歴」画面で参照できます。HISからの治療依頼や、放射線治療管理システム、各種モダリティから取り込む情報だけでなく、照射計画や実績情報、医師による各種報告書や有害事象報告、看護師による患者状況の記録など、治療の進捗に伴うあらゆる情報が集積され、参照できます。
現在照射中のプランだけでなく、治療中の一連のプラン情報、あるいは過去の別の治療情報についても、治療歴画面の中で切り替えて参照できます。治療歴画面は、各業務画面から常に参照表示可能で、必要な情報をいつでも確認できます。
  • HISからの情報や、治療計画装置、治療照合装置の情報は放射線治療管理システムを経由して取り込まれ、治療歴画面でその内容を確認できます。
  • メニューだけでなく、各業務画面から、指定した患者さんの治療歴画面を開き、必要な情報を必要なときに確認できます。
  • 治療歴画面では、現在治療中のプランに関する情報だけでなく、他のプラン情報や他の治療情報についても切り替えて参照できます。
  • 治療歴画面では、患者基本情報の参照や更新(顔写真の設定など)ができ、患者さんに対する治療スケジュール資料などを印刷できます。

蓄積データを治療に活用する

業務画面で入力され蓄積されたデータを、様々な形で出力し、治療に再利用できるよう設計しています。各種法定帳票に対応し、利用施設に合わせた形でレイアウトを調整できます。また、年齢や月別、治療装置別など、あらゆる切り口での、治療患者人数や件数の集計などのデータ抽出も可能で、JASTRO(日本放射線腫瘍学会)のJROD(放射線治療症例全国登録)や、がん拠点病院集計など、公的な特定のフォーマットでのデータ集計も行えます。一方で、任意の検索条件を自ら作成してデータを抽出できるなど、現場の多彩なニーズに、柔軟に対応できます。
  • 各種法定帳票の出力ができ、レイアウトは導入施設の要求に合わせて調整が可能です。
  • CSVデータ出力では、任意の集計パターンでのデータ出力やJROD 放射線治療症例全国登録など、特定フォーマットでの集計が可能です。
  • 汎用データ検索は、ドリルダウン形式のUIで検索条件を設定でき、指定した検索条件はプリセットとして登録し、再利用できます。
  • 汎用データ検索では、画面に一覧展開された検索結果をCSVにデータ出力するだけでなく、各行について治療歴画面を開き、治療内容の確認もできます。

病院全体で治療状況を共有する

放射線治療部門に展開している、システムインストール端末で情報共有するだけでなく、院内LANに接続された端末からWebブラウザにて治療状況を参照する機能を備えています。診療科の医師や、病棟の看護師など、放射線治療部門の外で同じ患者さんの治療を担当する医療者が、患者さんの放射線治療の状況や、照射スケジュールなどの情報を、電子カルテからWeb参照するなど、病院全体で治療情報を共有できます。
  • 照射予定や治療報告書等を、Webブラウザ上にて患者さんを選択し、情報参照できます。
  • その他治療における詳細情報についても、Webブラウザ上で動作する患者ポータル機能で、患者さんを個別に検索しながら参照できます。