RIS:
画像診断部門情報システム

RISは病院情報システム(HIS)やPACS、モダリティとの情報交換の要として、また画像診断部門における撮影業務の司令塔として、多くの医療機関で導入が進んでいます。最新のRISでは、業務の効率アップをパワフルにサポートするため、ニーズに合わせた情報展開が行えます。さらに、PACS、レポートシステムとの連携や、各種リスクへのアラート機能、経営的視点から画像診断部門業務を解析する統計サマリ機能などにより、診療の質と病院経営に大きく貢献します。RIS専用端末が不要な点や、これまでの秀逸な機能はそのままに、RapideyeAgent™は常に新たな価値を医療現場に提供し続けています。

過去・現在・未来の検査情報を自在に参照

RapideyeAgentの撮影業務画面では、撮影中の画面から遷移することなく、患者さんの過去検査情報やレポート情報、次に撮影を待っている患者さんの検査情報を確認できます。撮影中の検査について、過去の検査情報を元により精度の高いセットアップを行えるほか、撮影中に次の患者さんの依頼情報を確認し、隙間時間で次の撮影の準備を並行して行えるなど、作業効率をさらに高めるサポートをします。
  • 撮影室画面からPACSやレポートのビューアを立ち上げ、過去の画像やレポート内容を参照できます。
  • 過去のレポート情報(テキストのみ)をRISで受信し、画面上に展開できます。
  • 撮影待ち検査一覧を画面上に表示でき、撮影室の待ち状況や指定した検査の詳細情報を画面遷移なしに確認できます。

Excelテンプレートを活用した統計データ出力

RapideyeAgentは、画面構成だけでなく、統計データ出力においても稼働後のニーズ変更を踏まえた柔軟な対応力を追求しています。レイアウト表現としてExcelテンプレートに統計データを展開することにより、Excelの持つ強力な計算機能と表現力を、そのまま統計帳票として活かすことが可能です。
  • Excelテンプレートへのデータ展開設定は、弊社提供のメンテンナンスツールで行えます。
  • Excelテンプレートは必要なときにご施設の管理者が編集・修正できます。

画像診断部門から支える病院経営

RapideyeAgentは、日々の画像診断検査に関する実施情報を蓄積し、その分析や統計情報として出力できる機能を標準装備しています。例えばモダリティ毎の患者数や稼働率、待ち時間の推移、診療科毎の依頼検査の傾向分析、技師の稼働状況などを時系列グラフといった視覚的なアウトプットとして表示できます。さらに、その結果をExcelへグラフごとデータ出力もできるので、画像診断部門の稼働状況を視覚的に把握し、病院経営に対して貢献できます。