Radiology[画像診断部門]

Radiology

画像診断部門のシステムには、画像情報システム(PACS)、画像診断部門情報システム(RIS)、放射線診断レポートシステム(Reporting)の3つのサブシステムがあります。イメージングモダリティの経験と実績を活かし、国内のワークフローにきめ細かに対応した当社ならではのソリューションをご提供します。また、従来は独立して運用されていた院内システムを統合、HIS/RIS/PACSの有機的な連携を実現していきます。

次世代型医用画像情報システム

RapideyeCore™ Grande

大学病院や専門病院を中心とした複数病院で構成された大規模な病院の施設間連携を可能にし、離れた病院にいてもストレスを感じさせないエリアフリー読影環境により、病院間でのシームレスな画像連係を可能としました。

RapideyeCore™ Grandeの詳細

医用画像情報システム PACS/REPORT

RapideyeCore™

RapideyeCore™は、DICOM画像だけでなく、超音波検査などの動画像、内視鏡データ更には一般的なファイルサーバが扱う汎用ファイルまでも管理可能なPACSです。また、各診療科向けレポーティングシステムの提供により、有機的に医用情報を管理・運用する事が可能となります。

RapideyeCore™の詳細

小規模施設向け医用画像情報システム PACS

RapideyeCore™ SmartEdition

これまで培った技術、高い操作性を踏襲したコンパクトなPACSです。静止画だけでなく超音波検査などの動画像、汎用ファイル保存、カレンダー型検索画面など、RapideyeCoreの機能を踏襲した1台です。

RapideyeCore™ SmartEditionの詳細

画像診断部門情報システム RIS

RapideyeAgent™

画像診断部門における基幹業務システムとして、病院情報システム(HIS)からの検査オーダの受信と、受付作業。患者さんの情報参照や、PACS、レポートシステムと連動した検査計画。モダリティへの検査情報の通知と、撮影結果情報の受信。検査実施情報のHISへの通知など、撮影現場のあらゆる場面で作業効率をアップさせるだけでなく、稼働状況解析など、病院経営に貢献する機能を兼ね揃えております。

RapideyeAgent™の詳細

放射線治療部門情報システム 治療RIS

RapideyeAgent™ RT Pro

放射線治療部門における基幹業務システムとして、病院情報システム(HIS)との情報共有だけでなく、治療計画装置、照射照合装置と連携した放射線治療管理システム、その他治療関連装置間の情報共有も行う情報基地として、着実に治療業務を遂行するためのシステムです。放射線治療現場におけるあらゆる場面で作業効率や治療品質の向上を支援いたします。

RapideyeAgent™ RT Proの詳細